(K.G.People)体育会サッカー部 杉山天真主将 大学でスポーツを極める意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「大学でサッカーをする意味を、嫌と言うほど自分自身に問いかけた」。高校まで、ガンバ大阪の下部組織に所属していた杉山さん。プロ入りを目指すも叶わず、地元で強豪の関西学院大学に進学した。大学生活でスポーツを極めることの意味を語った。

 サッカー部には、約200人の部員が在籍する。試合に出られるのは11人だが、試合に出ない選手も必死に応援し、スタンドで勝利に涙する。杉山さんは高校時代を振り返りながら「下部組織では、出場していない試合には興味を示さない自己中心的な選手が多かった。大学に入り、チームを思う選手の姿に心を動かされた」と語った。

 プロ選手の育成を目的としない大学で、サッカーを続ける杉山さん。「高校サッカーにも、プロサッカーにもない魅力がある。大学で得られる人間的な成長は、サッカーの技術よりも価値がある。競技能力以外の総合的な力を養うことが、大学でスポーツをする意味だ」と語った。

 来年1月の全国大会後に、引退を控える。「就活などは引退してからでもできる。残り少ない大学でのサッカーに100%の力を注ぐ」と決意している。  (林 昂汰)

体育会サッカー部の杉山天真主将

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-11-15

    立命館大に惜敗し、関学大は2連敗 体育会サッカー部

     関西学生サッカーリーグは14日、後期第10節がサンガスタジアム(京都府亀岡市)であり、関西学院大は…
  2. 2020-4-19

    アメフト部 日大定期戦中止 被害学生の希望も叶わず

     関学大アメリカンフットボール部は7日、再開予定だった日本大との定期戦を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2019-12-9

    定期演奏会で震災の記憶を伝える展示を企画 関西学院交響楽団

     関西学院交響楽団の2月8日の定期演奏会の副題は「阪神・淡路大震災25周年メモリアル」。震災からの…

アーカイブ

ページ上部へ戻る