「2年生だけど1年生のよう」入国できなかった留学生の日本生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 2022年3月1日から日本の新型コロナに対する水際対策の緩和により、日本への留学生の入国が再開した。それに伴い、関西学院大学にも正規留学生が約2年ぶりに入国している。長らく待った日本の生活を彼らはどのように感じているのだろうか。

 「2年生になって初めて学校に来たので、1年生のように知っていることがなくて、慣れないことがたくさんあった」と法学部2年生の韓国人正規留学生(女性・20)は話す。

 彼女を含め多くの留学生が頭を悩ませたのが言語の問題だ。「友達と会話をする時、友達が早口になると聞き取れなかった」と当時の気持ちを明かす。また、「方言を全く知らなかったため、よくわからない表現もあった」と日本語の難しさについて実感したという。

 授業形式がオンラインから対面に変わったことも一つの障壁になった。母国語ではなく日本語で授業を受けている留学生には大きな変更である。オンライン授業では知らない単語や理解できないところを繰り返して見ることができたが、対面授業ではできなくなったため、授業についていくのが大変だったという。

 その一方で、「オンラインでのテストではなく対面でテストを受けることになり、授業への参加率や授業自体のレベルも上がった気がする」と語った。

 「去年、入国できず、サークルや部活に参加できなかった点と友達を作れなかった点が心残りだ」と後悔をにじませる。去年の後悔を払拭するためにも、彼女はより多くの人と触れあっていきたいと思いを込めた。(金鼎)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る