神戸三田キャンパスVIII号館竣工 事務機能を集結 屋上には天体観測ドーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学神戸三田キャンパスにVIII号館が完成し、5日に竣工(しゅんこう)式が開かれた。学部再編に伴い建設した新館には、分散していた教室や事務室を集結させる狙いがある。屋上には口径40センチの反射望遠鏡を設置した天体観測ドームが設けられ、理学部物理・宇宙学科の学びの場として利用される。

 VIII号館はキャンパス内のバスロータリーの北隣にあり、建築面積は約1911平方メートルで地上4階建。教室は17室あり、4階の教室は全て200人を収容できるようになっている。テープカット、除幕式の後に始まった式典は約100人が出席し、中道基夫院長は「(VIII号館が)関西学院全体に新しい意味を与えてくると思う」と話した。

 VI号館や各学部棟等にあった事務室は、一部を除き全てVIII号館に移転する。事務機能の集結は情報や人材の一元化によって作業や情報共有の効率を高め、学校経営おける長期計画の一つである事務組織の再編の一環とされている。

 新棟の建設は研究のための場所を増やす目的もある。新たに教室を増設することで、以前使っていた他の棟の教室を研究室として活用する。天体観測ドームは授業での活用だけでなく、三田市等と連携した地域交流の場として利用が見込まれる。

 式典で村田治学長が「(大学として)先進的なこと」と話すのは、1階の入り口付近にあるパウダールームで、研究用の服装への着替えや身だしなみを整える場所として利用される。女性用のトイレの数が他の棟よりも多く、女性が積極的に利用できる環境を推進している。今後、生理用ナプキンの無償提供の企画も行う予定だ。(柴崎辰徳)

テープカットをする(左から)奥村太加典・大村組代表取締役社長、村田治学長、中道基夫院長、村上一平理事長、加藤知常任理事、篠﨑淳・日本設計代表取締役社長=2022年9月5日、関西学院大学神戸三田キャンパスVIII号館前、柴崎辰徳撮影
除幕を行う(左から)村田治学長、中道基夫院長、村上一平理事長=2022年9月5日、関西学院大学神戸三田キャンパスVIII号館前、柴崎辰徳撮影
式典で建設の経緯を話す加藤知常任理事=2022年9月5日、関西学院大学神戸三田キャンパスVIII号館404教室、柴崎辰徳撮影
VIII号館の一部教室では、コンセントが備え付けられた=2022年9月5日、関西学院大学神戸三田キャンパスVIII号館404教室、柴崎辰徳撮影

柴崎辰徳

投稿者プロフィール

兵庫県加東市出身、文学部総合心理科学科心理科学専修3回生。最近の関心はモラルライセンシング効果(moral self-licensing)。新聞総部では、アメフトやグリークラブなど主に部活動の活動様子を中心に取材。また、広報担当としてポスターの作成やSNSの運用等も携わっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る