学びの場にテントが出現 神戸三田キャンパス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 神戸三田キャンパスアカデミックコモンズに学生らが5月下旬、テントを設置した。多くの学生が学習や休憩に利用している。

 キャンパス中央部に位置するアカデミックコモンズで、同キャンパスを拠点にする総合政策学部と理工学部が、文系と理系の壁を越えて交流しイノベーションを起こして欲しいと有志の学生が大学に設置を持ちかけた。非日常感が味わえると学生に好評で、テントを1基から2基に増やした。

 設置に関わった総合政策学部2年生の長濱穂乃果さんは「文系と理系の考え方を組み合わせることで、ユニークな行動が起こせる。これからも学生が交わる場所作りをしてキャンパスを盛り上げたい」と意気込んだ。

 同キャンパス事務室の中谷良規課長は「神戸三田キャンパスの学生にはチャレンジ精神がある。アカデミックコモンズを所属学部や学年に関わらず集まれる知の拠点にするために、これからも学生と力を合わせたい」と語った。

神戸三田キャンパスアカデミックコモンズに設置されたテントを利用する学生ら

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-4

    文化総部書道部、新年に思い込めて小林一茶の句 阪急西宮ガーデンズで 作品展示は15日まで

     新年を迎えた4日、阪急西宮ガーデンズ本館1階フェスティバルガーデンで「新春書き初めパフォーマンス…
  2. 2019-2-15

    (教授の背中)浜野研三 人間本来の誇りが守られる社会を目指して

    文学部の浜野教授は、哲学・倫理学を専門としている。人間について、人間の生きる社会について、自身の道徳…
  3. 2020-9-10

    (タイムスリップ)朝日放送・小縣裕介アナウンサー 「バランスを大切に」

    「つないだ、つないだ!日本文理の夏はまだ終わらない!」2009年夏の高校野球決勝戦。テレビ中継では朝…

アーカイブ

ページ上部へ戻る