学生の疑問を解決 KGチャットボットサービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 3月22日、関西学院大学学部生向けのKGチャットボットサービスが始まった。表示される質問一覧から質問を選択、またはチャットに入力することで、履修や留学など学生生活に関する疑問を解決できる。あらゆる質問に適切な回答をするため、チャットボットには大学全ての部署の情報が集結している。

 昨年度秋学期から神戸三田キャンパスで先行実施したチャットボットの成果を踏まえ、3月から全キャンパスで導入。関学大のポータルサイトkwic内の「よくある質問(FAQ)」から利用できる。

 4月時点で約7千人が利用しており、回答数は3万件に達する。履修に関する質問が最多で、今後は質問数の多い分野を中心に質問項目を増やす予定。

 昨年春に、全学的な取り組みの一つである「学生申請と学生相談のデジタル化」を推進するためのプロジェクトチームが組まれた。学内サービスの利便性向上を検討した結果、時間と場所を問わず、学生自身が疑問を調べて解決できるチャットボットを導入することになったという。

 社会のデジタル化を踏まえ、授業支援システムLUNAやMicrosoft Formsなどデジタルツールの活用推進、円滑な学生相談を目標に、計画から1年でサービスを開始。プロジェクトに携わった、関西学院大学教務機構事務部の北敬史さん(42)は「全ての部署の協力のおかげであり、本学職員の底力を見た」と話す。

 チャットボットの質問と回答はデータとして蓄積され、在籍学生を始め今後入学する全学生の疑問解決の幅を増やすことにつながるという。北さんは「学生に身近なチャットボットにして、ささいなことにも答えられるよう改善していくので学生の皆さんに利用してほしい」と語った。

 プロジェクトに携わった、社会学部事務室職員の山本寛人さん(28)は「プロジェクトを通じて、大学をもっと良くしたいという職員の思いをつなげることができた」と笑みを浮かべた。

 今後は、チャットボットを起点に学内のあらゆるサービスと連携を図る予定。大学全体で情報を共有できるよう、大学院生を含めたチャットボットサービスも検討している。

 チャットボットでは、身近な職員さんをイメージしたキャラクターが疑問に答える。キャラクター起用を担当した、国際学部事務室職員の髙島啓志さん(26)は「容姿も成長するので楽しみにしてほしい」と話した。(上田帆乃佳)

KGチャットボットのホーム画面
KGチャットボットのプロジェクトに携わった(左から)髙島啓志さん、北敬史さん、山本寛人さん=2022年4月18日、上田帆乃佳撮影

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る