兵庫県漁連、大学生協に魚介類を無償提供 関学生協は格安で丼提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 食生活から学生を支援しようと、兵庫県漁業協同組合連合会(県漁連)は県内の大学生協に県産のしらすや黒鯛などの魚介類を無償提供した。関西学院大学の生協食堂は2日から6日、提供された魚介類を使った日替わり丼を250円(税込)で販売した。

 同大学では、価格は米や食堂の従業員の人件費のみで安く抑えた。期間中、約1260食を提供。人気があった黒鯛天ぷら丼は用意した402食が売り切れた。作りやすさとインパクトを重視し、メニューは丼で統一した。

 関西学院大学生協ビックママ食堂(西宮上ケ原キャンパス)の鈴木力店長(41)は「限られた食材で多くの学生に食べてもらえるよう盛り付けも工夫した。学生の支援ができてうれしい」と話す。

 キャンパスに行けず、孤立する学生の応援と経営難に苦しむ大学生協に学生を呼び戻す狙いがあった。県漁連は県内の9大学に約6千食分の魚介類を無償提供した。県漁連指導部の西上幸作課長代理(46)は「困っている学生を支援できてうれしい。今後もできる支援はしていきたい」と話した。 (難波千聖)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024-6-21

    木本ゼミ 日本酒ブース出店

    ブースの様子=2024年5月19日、神戸市王子スタジアム、木下皓太郎撮影  関西学院…
  2. 2024-6-21

    学生が集まれるシンボルに 文学部学生控室リニューアルオープン

    文学部学生控室の様子=2024年6月10日、文学部学生控室、宮嵜結女撮影 関西学院大…
  3. 2024-6-21

    (この学生に注目!)藤原里音さん 「音」が導いてくれたありのままの自分でいられる場所

    藤原里音さん=本人提供  シンガーとして活動する藤原里音さん(社会学部2年)が歌と出…
ページ上部へ戻る