コロナ下での教育実習 対面実習の不足に嘆き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「春学期に対面授業をしてほしかった。今のままでは、自信を持って実習に行くことができない」と嘆くのは、小学校の教員免許取得を目指す、関西学院大学教育学部3年の女子学生(21)。9月から、広島県の母校で教育実習に臨む予定だが、対面での実習経験がほとんどないことに不安を覚えている。

 小学校教員の免許取得には、3〜4週間程度の教育実習が必要とされる。教育学部には、実習に向けて授業について学ぶ模擬授業や、音楽や家庭科など実技を伴う授業の実習など、様々なカリキュラムが用意されているが、現在は新型コロナウイルスの影響で、ほとんどがオンラインでの授業になっている。

 模擬授業では、教師役の学生が児童役の学生に授業し、助言を受ける。黒板や机に囲まれた空間で、より良い授業の方法を試行錯誤しながら学んでいく。しかし、対面で模擬授業をする機会は無く、代わりに1人で授業している様子を撮影したものや、指導案を提出しただけだった。

 女子学生は「実際に人を前にして授業をしないと経験が積めない。作成した指導案に対しても、教師からは一言二言のコメントがあるだけ。これでは何が正解かが分からない」と不安を語る。

 学外での実習も、新型コロナウイルスの感染状況に影響を受けてきた。感染状況が一時的に収まった昨年9月には、兵庫県宝塚市の小学校に1週間の実習に行くことができた。しかし、小中学生教員免許の取得に必須の「介護等体験」は、今年の6月に予定していたが感染の再拡大により中止になり、参考資料を読んでのリポート提出に変わった。

 女子学生は「介護等体験は、教員免許の取得に必要な実習。経験しないまま、リポートで済ませていいものか」と困惑した表情で語った。(前田瑞季)

オンライン授業を受ける女子学生=本人提供

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る