手作りの引退公演 大盛況-文化総部劇研究部「劇団狸寝入」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 文化総部劇研究部「劇団狸寝入」の「3回生引退公演」が6日から8日に西宮上ケ原キャンパス旧学生会館の学生会館ホールで行われた。演目は「#アンダーランド」。3時間超の公演を同部の部員らが脚本の執筆から舞台の演出まで行った。

 今回の公演では、同部の3年生のほぼ全員が舞台に立った。舞台装置や映像、ダンスを取り入れたパフォーマンス、アクションシーンなど、細部にまでこだわりが詰まった公演となった。

 部長の勝俣遥さん(教・3)は「(登場人物は)個性的なキャラクターばかりで役作りには全員が苦労した。演出係と何度も話し合い、研究して最終的には全員がハマり役と言えるまでになった。公演は大成功だった」と話す。

 同部の主な活動は年4回の公演。部の魅力について勝俣さんは「全員がいい劇を作ることを目指して頑張っている。部の一員として役割と責任を持って1つの作品に関わることができる部活だ」と熱く語った。

 次の公演は1年前に引退した4年生を中心とした「4回生卒業公演」。西宮上ケ原キャンパス旧学生会館の学生会館ホールで2月下旬から3月上旬公演予定。入場無料。問い合わせは同部メール(fdg16687@kwansei.ac.jp)。

主演の御倉ヒトミを演じた北枕すゞめさん(右)と上条禅一を演じたはらたつみさん=文化総部劇研究部劇団狸寝入提供
難波千聖

難波千聖

投稿者プロフィール

 兵庫県加西市出身、文学部文化歴史学科哲学倫理学専修4回生。最近の関心はジェラール・ジュネットの物語論。新聞総部では新月祭の取材を精力的に行うほか、部活動の活動の様子を取材するなど、主にニュース記事で活躍している。また、同窓会担当として多くの人に関西学院大学新聞を読んでもらえるよう、日々試行錯誤を重ねる。趣味は一人カラオケだが、最近は学業とアルバイトに忙しく、なかなか行けていないのが悩み。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-12-9

    関西学院交響楽団 佐渡裕さんと共演—来年2月、神戸で

     国内屈指の歴史を誇る大学オーケストラ「関西学院交響楽団」が来年2月に神戸市内で定期演奏会を行う。…
  2. 2020-1-8

    鳥内監督引退会見 学生の主体性を強調「お前ら勝手にやってくれ作戦や」

     今季限りで退任する体育会アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(61)が8日、本学西宮上ケ原キャ…
  3. 2021-4-10

    春学期授業が開始 キャンパスに学生集まる

    関西学院大学の春学期授業が8日、始まった。昨年度は新型コロナウイルスの影響でオンライン授業が中心だっ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る