新型コロナワクチン接種 23日から開始見込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学は12日、学生・教職員ら約2万5千人を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を、23日から開始する見込みだと発表した。実施期間は10月17日までの予定で、期間中は、土日祝日も含め毎日接種を行う。会場は、西宮上ケ原キャンパスの中央講堂。使用するワクチンは米モデルナ社製で、接種は任意。

 予約サイトは15日9時から開く予定で、学生は15日から、教職員や生協職員などの大学関係者は16日から予約できるが、一度に複数日の予約をすることはできない。

 広報室は関西学院大学新聞の取材に対し「秋学期以降のことを各自が自分のこととして考えて、打つかどうか判断してほしい」と話した。

 大学によると、今後、ワクチン接種の詳細や変更情報などは、特設サイト(https://ef.kwansei.ac.jp/kg_vaccination)から発表する。(吉永美咲)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る