馬術部が練習再開 人も馬もいきいき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学体育会馬術部は8月から、大会に向けたトレーニングを再開した。4月以降、新型コロナウイルスの影響で馬の世話のみしていた。大学の許可が下りたことから、感染防止に努めながら、9月5日、6日の全国大会予選会に向けて調整を進めている。

 実践的な練習を再開した部員たちのモチベーションは高い。人馬一体となって様々なステップを踏む「馬場馬術」、障害物を飛びミスの少なさと走行時間で競う「障害馬術」、障害物が設置されたコースを駆ける「クロスカントリー」の練習に励んでいる。

 主将で理工学部4年の小林和貴さんは「トレーニングが再開できたことで、部に活気が戻ってきた。人も馬もいきいきしている」とし、大会に向けては「馬との信頼関係がより強固になり、大会でもいい結果につながると思う」と意気込んだ。

 全ての活動が再開できたわけではない。部員はアルバイトをして、馬の飼育費や競技費用に充てていた。4月、コロナ禍でアルバイトがなくなった。現在も部員の安全を考え、アルバイトをしていない。11月をめどに再開したいとしている。

同部は5月末に飼育費が不足し、寄付を募った。卒業生や愛好家から約300万円の寄付があった。小林主将は、「多くの寄付があり、当面の飼育費は心配しなくていい状況。おかげで部員の安全を優先できている」と感謝している。(難波千聖)

C.N

C.N同窓会担当

投稿者プロフィール

 兵庫県加西市出身、文学部文化歴史学科哲学倫理学専修2回生。最近の関心はジェラール・ジュネットの物語論。新聞総部では新月祭の取材を精力的に行うほか、部活動の活動の様子を取材するなど、主にニュース記事で活躍している。また、同窓会担当として多くの人に関西学院大学新聞を読んでもらえるよう、日々試行錯誤を重ねる。趣味は一人カラオケだが、最近は学業とアルバイトに忙しく、なかなか行けていないのが悩み。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-8

    ライスボウルの実力差に疑問 アメフト部が要望書を提出へ

     関学大体育会アメリカンフットボール部は、社会人と学生の実力差が顕著になっている日本選手権(ライス…
  2. 2020-1-26

    鳥内前監督がトークショー 軽快なトークで会場沸かす

     関西学院大体育会アメリカンフットボール部の監督を今季で勇退した鳥内秀晃前監督(61)の著書「ど…
  3. 2019-10-4

    新月祭2019開催迫る

    創意工夫の実行委企画が満載   今年も新月祭の季節がやってきた。本学西宮上ケ原キャンパスでは…

アーカイブ

ページ上部へ戻る