平和咲くバラ園 西宮上ケ原キャンパスで「アンネのバラ」が見頃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの文学部校舎そばのバラ園で、『アンネの日記』の著者アンネ・フランク(1929~45)ゆかりの「アンネのバラ」が見頃を迎えている。つぼみは深紅で、開花後は黄金色、散り際はピンクへと色が移る。

 アンネのバラは、ベルギーの園芸家が作った品種で、アンネの父オットー・フランク氏に贈られた。その後、72年にオットー氏が友情の印として、西宮市の「アンネのバラの教会」に寄贈した。大学のバラ園では、同教会から譲り受けたアンネのバラが育てられている。

 例年、バラの見頃は5月上旬だが、今年は1週間ほど早く迎えた。バラの開花時期は品種によって異なるが、アンネのバラは四季を通じて咲く。

 大学の施設課によると、バラ園は「自然愛好会」という同好会からの要望で開設したという。現在は、アンネのバラ以外にも白や紫のバラ、ローズマリーなどが花を咲かせている。(西村遼)

見頃を迎えている「アンネのバラ」=2021年5月1日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西村遼撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-5-26

    関関戦団結式 本拠地開催 総合優勝奪還なるか

     関西学院大学体育会学生本部は、第46回総合関関戦の団結式を5月16日、関西学院大学西宮上ケ原キャ…
  2. 2023-5-3

    日大悪質タックル問題から5年、関学大が14対10で逆転勝利 関学大アメフト

     関西学院大学対日本大学のアメリカンフットボール交流戦が、4月22日に神戸市の王子スタジアムにて行…
  3. 2023-5-3

    宗教総部 春の献血週間を開催

     関西学院大学宗教総部献血実行委員会は4月10日から14日にかけて、西宮上ケ原キャンパスで春の献血…
ページ上部へ戻る