平和咲くバラ園 西宮上ケ原キャンパスで「アンネのバラ」が見頃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの文学部校舎そばのバラ園で、『アンネの日記』の著者アンネ・フランク(1929~45)ゆかりの「アンネのバラ」が見頃を迎えている。つぼみは深紅で、開花後は黄金色、散り際はピンクへと色が移る。

 アンネのバラは、ベルギーの園芸家が作った品種で、アンネの父オットー・フランク氏に贈られた。その後、72年にオットー氏が友情の印として、西宮市の「アンネのバラの教会」に寄贈した。大学のバラ園では、同教会から譲り受けたアンネのバラが育てられている。

 例年、バラの見頃は5月上旬だが、今年は1週間ほど早く迎えた。バラの開花時期は品種によって異なるが、アンネのバラは四季を通じて咲く。

 大学の施設課によると、バラ園は「自然愛好会」という同好会からの要望で開設したという。現在は、アンネのバラ以外にも白や紫のバラ、ローズマリーなどが花を咲かせている。(西村遼)

見頃を迎えている「アンネのバラ」=2021年5月1日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西村遼撮影

西村遼

投稿者プロフィール

兵庫県川西市在住。取材や執筆の上達だけでなく、見出しに負けない情報量を持つ写真を撮ることを目指している。 散策が好きで、家から京都までが活動範囲。悩み事は、カメラを持ち歩く体力がないこと。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る