平和咲くバラ園 西宮上ケ原キャンパスで「アンネのバラ」が見頃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの文学部校舎そばのバラ園で、『アンネの日記』の著者アンネ・フランク(1929~45)ゆかりの「アンネのバラ」が見頃を迎えている。つぼみは深紅で、開花後は黄金色、散り際はピンクへと色が移る。

 アンネのバラは、ベルギーの園芸家が作った品種で、アンネの父オットー・フランク氏に贈られた。その後、72年にオットー氏が友情の印として、西宮市の「アンネのバラの教会」に寄贈した。大学のバラ園では、同教会から譲り受けたアンネのバラが育てられている。

 例年、バラの見頃は5月上旬だが、今年は1週間ほど早く迎えた。バラの開花時期は品種によって異なるが、アンネのバラは四季を通じて咲く。

 大学の施設課によると、バラ園は「自然愛好会」という同好会からの要望で開設したという。現在は、アンネのバラ以外にも白や紫のバラ、ローズマリーなどが花を咲かせている。(西村遼)

見頃を迎えている「アンネのバラ」=2021年5月1日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西村遼撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-6-1

    阪急電車と本学がコラボ グッズ13種類の売れ行き好調

     阪急西宮北口駅に直結する商業施設「阪急西宮ガーデンズゲート館」に本学西宮北口キャンパスが開設したこ…
  2. 2020-11-21

    来年度は原則、対面授業に 関西学院大学が発表

     関西学院大学は20日、来年度の授業を原則対面で行うと発表した。基礎疾患のある学生や来日が困難な留学…
  3. 2020-12-8

    関学大とJALが協定 来年度から共同授業を開講

     関西学院大学は10月16日、日本航空(JAL)と連携協定を結んだと発表した。総合政策学部は、JAL…

アーカイブ

ページ上部へ戻る