バリ伝統衣装 体を使って感じ取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「姿勢を整えたり、場に合った服装をしたり。言葉を発する前のコミュニケーションが話しやすい雰囲気を作る」。5月31日から関西学院大学博物館(西宮上ケ原キャンパス時計台2階)で、インドネシア・バリの服飾文化を紹介する展覧会「バリ 布の万華鏡―布が伝える美のこころ―」を始めた武居郁子さん。展示している衣類は、バリで20年間暮らし、現地の人と対話を重ねる中で、譲り受けたものだ。

 武居さんは1999年に外国人で初めて、インドネシアの国家資格「婚礼衣装美容着付師」を取得した。バリの婚礼衣装は、ヒンドゥー教の神々を色で表現した色彩豊かな長方形の布の組み合わせで、体に巻き付けて着る。婚礼衣装の布は、先祖から代々受け継がれており、今回の展示品の中には約90年間使われた布もある。

 武居さんは、インドネシアへ移住した当初「バリ語での会話ができず、失語症のようだった。教科書通りのことなんて無かった」と苦悩していた。「日々(自分の体で)現地の人と接することでなじんでいけた」と振り返る。

 帰国後の生活で、日本は便利すぎると感じた。「手仕事や織物といった伝統よりも、SNSで『映える』見た目が優先されている。感覚がデジタル化して、自分の体を使っていない」

 今回の展覧会では武居さんによるガイドは実施せず、展示物の説明やパネルの情報をあえて少なくした。「五感を使うのが人間。来訪者が『感じる』ことを大切にしてほしい」と目を細めた。

 展覧会は来月6日まで。新型コロナウイルス感染症対策のため、入館は関学大の学生と教職員に限定している。入館料は無料。

西村遼

投稿者プロフィール

兵庫県川西市在住。取材や執筆の上達だけでなく、見出しに負けない情報量を持つ写真を撮ることを目指している。 散策が好きで、家から京都までが活動範囲。悩み事は、カメラを持ち歩く体力がないこと。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る