「世代を超えた笑顔あふれる新月祭」西宮聖和キャンパス 新月祭開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学大学祭総部新月祭実行委員会は、西宮聖和キャンパスにて11月11日と12日の2日間、新月祭を開催した。今年は新型コロナウイルスによる制限も完全に無くなり、キャンパスは人々の笑顔であふれた。

 西宮聖和キャンパスの新月祭は乳幼児保育センターや幼稚園が近くにあるという特色を生かし、子供たちが楽しめる工夫が目立った。多くの家族連れが訪れ、チョークアートやシャボン玉、スタンプラリーなどを楽しんだ。

 2号館2階では、小学校低学年以下を対象にイベントを実施した。「聖和ンダーランド」では、射的や宝探しなど5種類の企画をスタンプラリー形式で行った。聖和ンダーランドに参加した西宮市在住の堀史人くん(5)は「全部が楽しかった。もう1度行きたい」と笑顔で話した。

 子供たちを対象にしたイベントのほかにも、多くの模擬店が出店しにぎわいを見せた。                    

 教育学部波江ゼミの出店は15種類あるトッピングの中から2種類を選択できる餃子の販売。人気のトッピングはチーズと柚子胡椒だった。餃子を販売した増尾幸太郎さん(教育学部3年)は「準備の期間が限られた中での出店だった。トッピングの量とコスパの良さで独自の魅力を出した」と語った。他にもサッカー・フットサルサークルTEAMOの出店は、じゃんけんに勝ったら50円割引のホットドッグの販売など個性的な模擬店が多くあった。

 今回の聖和キャンパスでの新月祭に関して遠山雄基さん(教育学部3年)は「キャンパスごとにそれぞれ色がある。また来年も参加したい」と笑顔で話した。(久保田創士)

チョークアートの写真=2023年11月11日、関西学院大学西宮聖和キャンパス、木下皓太郎撮影
聖和ンダーランド看板の写真=2023年11月11日、関西学院大学西宮聖和キャンパス、木下皓太郎撮影
餃子の模擬店の写真=2023年11月11日、関西学院大学西宮聖和キャンパス、木下皓太郎撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024-6-21

    木本ゼミ 日本酒ブース出店

    ブースの様子=2024年5月19日、神戸市王子スタジアム、木下皓太郎撮影  関西学院…
  2. 2024-6-21

    学生が集まれるシンボルに 文学部学生控室リニューアルオープン

    文学部学生控室の様子=2024年6月10日、文学部学生控室、宮嵜結女撮影 関西学院大…
  3. 2024-6-21

    (この学生に注目!)藤原里音さん 「音」が導いてくれたありのままの自分でいられる場所

    藤原里音さん=本人提供  シンガーとして活動する藤原里音さん(社会学部2年)が歌と出…
ページ上部へ戻る