「関学アプリ」 在学生の利用27人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学は昨年9月から、大学や兵庫県内の情報を提供するアプリ「『ひょうごe-県民』関学アプリ」を配信している。現在の利用者は約740人で、このうち在学生は27人。大学関係者は「県外から兵庫県へ来た学生にとって特に便利なアプリなので、ぜひ使ってほしい」と話す。

 アプリは、若者の県外流出を食い止める地域創生プロジェクトのひとつとして、兵庫県が関学大と提携して開発した。各学部や同窓会のイベント情報といった大学のニュースが見られるほか、県内の観光スポットを検索することもできる。

 現在の提携大学は関学大のみ。関西学院の広報室によると、今後は県内の他大学にも広げていく予定だという。

 アプリは無料。「Google Play」や「App Store」からダウンロードできる。(吉永美咲)

「関学アプリ」の画面

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る