「関学アプリ」 在学生の利用27人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学は昨年9月から、大学や兵庫県内の情報を提供するアプリ「『ひょうごe-県民』関学アプリ」を配信している。現在の利用者は約740人で、このうち在学生は27人。大学関係者は「県外から兵庫県へ来た学生にとって特に便利なアプリなので、ぜひ使ってほしい」と話す。

 アプリは、若者の県外流出を食い止める地域創生プロジェクトのひとつとして、兵庫県が関学大と提携して開発した。各学部や同窓会のイベント情報といった大学のニュースが見られるほか、県内の観光スポットを検索することもできる。

 現在の提携大学は関学大のみ。関西学院の広報室によると、今後は県内の他大学にも広げていく予定だという。

 アプリは無料。「Google Play」や「App Store」からダウンロードできる。(吉永美咲)

「関学アプリ」の画面

吉永 美咲副総部長付庶務補佐

投稿者プロフィール

広島県出身、社会学部社会学科2年生。これまでに留学に挑戦する関学生や、大学の諸機関に取材した。2020年度はオンラインで活動に参加。今後は、スポーツ取材を含め、庶務として部員皆が円滑に気持ちよく活動できるようにサポートをする。趣味は街歩き・美術館巡り。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る