学生らアプリ開発 「課題管理」を容易に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学プログラミング研究会「Tech.Uni」の有志学生らは3月15日、関学生向け課題管理アプリ「ProTask」をリリースした。

 現在、関学生が授業の課題を確認する際には、同大が提供する学習管理システム「LUNA」へ毎回ログインし、授業ごとに調べる必要がある。今回開発されたアプリでは、初回登録時にLUNAへのログインに必要なIDとパスワードを入力することで、自動的に履修している授業の課題や配点、提出期限が表示される。

 アプリ開発の代表者、長谷川峻生さん(国際学部3年)は「今までは課題の確認に5分程度必要だったが、このアプリでは3秒で済む。1年単位で見れば、膨大な時間の節約につながる」と話した。

 昨年11月にはアプリのサンプル版を関学生の友人に提供し、返ってきた意見を基に改善に努めた。同団体代表の井手翔陽さん(商学部3年)は「友人と協力して開発したことで、作れるアプリの種類が広がり、自分の刺激にもなった」と話した。(一宮麗果)

リリースされた「ProTask」の画面

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る