クリスマスツリー点灯式 久々の一体感生まれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学西宮上ケ原キャンパスで11月29日、時計台前のクリスマスツリーの点灯式があった。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から一般の観客を入れずに実施したため、一般の観客を入れての開催は2年ぶりとなった。

 第5時限終了後、中央芝生にキャンドルを持った学生らが続々と集まった。芝生の外から見物する人も多く居た。関学大の嶺重淑・宗教総主事の聖書朗読の後、クリスマスツリーが点灯し、観客から歓声が上がった。その後、応援団総部吹奏楽部の演奏の下、観客一同で、賛美歌「もろびとこぞりて」を歌い、会場は一体感に包まれた。

 点灯式は、11月28日にキリストの降誕を待つ期間の「待降節」に入ったことにちなんだもの。文学部2年の女子学生は「みんなで賛美歌を歌うことで、キリスト教の大学であることの実感が湧いた」と語った。

 2年ぶりに点灯式に参加したという、経済学部3年の菅村悠里さん(20)は「授業は無かったが、わざわざ大学に来るほど楽しみにしていた。仲の良い友人と楽しい時間が過ごせた」と喜んだ。

 関西学院初等部に通う西嶋秀さん(9)は「いきなり光って驚いた。とても奇麗だった」と話した。

 クリスマスツリーは12月25日までの毎日、午後4時半から午後10時半まで点灯する。(大藪巨翔)

2年ぶりに観客の前で輝くクリスマスツリー=2021年11月29日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西村遼撮影
賛美歌「もろびとこぞりて」を演奏する応援団総部吹奏楽部=2021年11月29日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西村遼撮影

大藪巨翔

投稿者プロフィール

兵庫県神戸市出身、経済学部1回生。これまでに、サッカー部やゼミを取材。今後も、ジャンルにとらわれず、興味を持ったことを幅広く取材したいと考えている。趣味は昭和歌謡を聴くこと。当時の世相を想像しながら聴くことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る