関学大OGの元プロバレエダンサー 宝塚にバレエ教室をオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大の卒業生で、元プロバレエダンサーの中澤舞さん(30)は1日、兵庫県宝塚市にバレエ教室「Mai Ballet Studio」を開いた。コロナ渦の中、練習機会を奪われ、やる気をなくす子供たちの姿を見て設立を決めた。

 中澤さんは、8歳で姉が通っていた地元のバレエ教室に入門。大阪府立北野高校に入学後、本格的にバレエをするため、尼崎市の強豪スクールに移籍。自宅から往復2時間かけて毎日レッスンに通った。

 高校在学中、プロバレエダンサーを目指すも叶わず、大学進学を決めた。練習拠点に近い、関西学院大学社会学部に入学。大学が終わってから夜遅くまで練習する日々を送った。2年生までにほとんどの単位を取り、3年生からは東京でバレエに集中した。

 大学卒業後、夢を捨てきれず、2社の内定を辞退し渡米。2013年から4年間、アメリカのバレエ団で主要キャストとして活躍。現地のバレエスクールで指導もした。

 退団後、ダンサーとしての活動に区切りを付け、指導者に専念。帰国後は、古巣のバレエスクールで2年間、下積みをした。

 1日に開校したバレエ教室には、早くも生徒の姿がある。「どんな状況でも、努力し続ける力を子供たちに持たせてあげたい。努力の先に見える世界を見せたい」と語った。

 レッスンは月曜日から土曜日まで。料金は週1回月額9000円から(幼児クラスは月額6000円から)。

(壷山千種)

中澤舞さん=本人提供

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-9-6

    関学・原田が総合6位 関西学生賞典総合馬術大会

     関西学生賞典総合馬術大会は6日、三木ホースランドパーク(兵庫県三木市)で第2日があり、障害物が設…
  2. 2018-12-14

    皆の心を満たした新月祭2018

    新月祭2018が、神戸三田キャンパスでは10月20日と21日、西宮上ケ原キャンパスでは11月1日か…
  3. 2020-1-23

    関学大アメフト部、要望書を提出 ライスボウルのあり方の見直し求める

     学生と社会人の実力差が問題になっているアメリカンフットボール日本選手権(ライスボウル)について、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る