2年ぶり春学期入学式 新入生のみ参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学の春学期入学式が1、2日、西宮上ケ原キャンパスであった。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場者を新入生のみに制限した。昨年は、新型コロナ感染拡大の影響で春学期入学式を中止したため、2年ぶりの開催となった。今年の学部入学生は5894人だった。

 式では、新入生は校歌を歌わず静かに演奏を聴き、賛美歌も声量を抑えて1番のみ歌った。式後の正門前や中央芝生では、快晴の空の下で記念撮影をしようと、学生が長い列を作った。

 村田治学長は「在学中は複数のことに同時にチャレンジして自己を鍛え、世界人類の幸福に貢献する高い志を持った世界市民に育ってほしい」と話した。舟木讓院長は「弱い立場の人の視点で物事を捉え、自分の内にある能力を見いだし養う豊かな取り組みをしてほしい」と話した。

 神学部に入学した女子学生は「大学生活がますます楽しみになってきた。いろんな人と出会い、関わりを深めたい」と笑顔で語った。

 娘が文学部に入学した吉田優香さん(52)は「娘は『4年間でいろんな経験がしたい』と言っている。親としてもうれしく、わくわくしている」と話した。

 今年は入場者を新入生のみに制限したため、入場できなかった学生の家族らが式を見られるように、ユーチューブで式の様子を生配信した。(吉永美咲)

式辞を述べる村田治学長=2021年4月1日午後、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス
式辞を述べる舟木讓院長=2021年4月1日午後、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス
吉永 美咲

吉永 美咲副総部長付庶務補佐

投稿者プロフィール

広島県出身、社会学部社会学科2年生。これまでに留学に挑戦する関学生や、大学の諸機関に取材した。2020年度はオンラインで活動に参加。今後は、スポーツ取材を含め、庶務として部員皆が円滑に気持ちよく活動できるようにサポートをする。趣味は街歩き・美術館巡り。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-3-11

    中央芝生の芝はロボットが刈る未来 「ロボット芝刈り機」導入

    関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの時計台をバックに、中央芝生の芝をせっせと刈っているのは、2月17日…
  2. 2020-2-21

    関西学院交響楽団 定期演奏会 世界的指揮者 佐渡裕さん招く

     関西学院交響楽団の定期演奏会が2月8日、神戸国際会館こくさいホール(神戸市中央区)で行われた。世…
  3. 2021-1-3

    ライスボウルで84ヤード独走の関学大・三宅 鳥内前監督も高評価

     昨年のライスボウルで富士通から64ヤードのTDランを見せたRB三宅昂輝(4年)は今年も東京ドームで…

アーカイブ

ページ上部へ戻る