関学アメフト部、日本大と対戦へ 悪質タックル以来初 日大主将「再び甲子園ボウルで戦えるのは運命なのかも」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学体育会アメリカンフットボール部は甲子園ボウル(12月13日・阪神甲子園球場)で日本大と対戦することが決まった。両校の対戦は悪質タックル問題後初めて。日大の伊東慧太主将は「再び甲子園ボウルで戦えるのは運命なのかもしれない。関学と戦えてうれしい」と2年ぶりの関学との対決に胸を膨らませている。

 大村和輝監督(49)は日大を「色々あったけど、切磋琢磨(せっさたくま)し合った関係」とし「関学らしいプレーを突き詰めていきたい」と意気込んだ。鶴留輝斗主将(4年)は「関学は2017年の甲子園ボウルで日大に負けた。リベンジしたい」と日大への思いを熱く語った。

 甲子園ボウルまでの残り2週間について大村監督は「今までやってきたことの整理をして立ち返りたい」としコミュニケーションの強化を約束した。鶴留は「(関西学生リーグ)決勝では、なかなかランプレーが通らなかった。今度こそはランプレーを通していきたい」とした。

 今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で全日本大学選手権が中止。甲子園ボウルは東西大学王座決定戦として行われる。 (柴崎辰徳)

柴崎辰徳

柴崎辰徳総部長付広報

投稿者プロフィール

兵庫県加東市出身、文学部総合心理科学科心理科学専修2回生。最近の関心はモラルライセンシング効果(moral self-licensing)。新聞総部では、アメフトやグリークラブなど主に部活動の活動様子を中心に取材。また、広報担当としてポスターの作成やSNSの運用等も携わっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    関学アメフト部 終了間際に逆転、甲子園ボウル出場を決める 

     関西学生アメリカンフットボールは28日、大阪府吹田市の万博記念競技場で1部トーナメントの決勝があり…
  2. 2020-11-4

    利用激減で大学生協が経営危機 「登校したら生協を利用して」

     関西学院大学生活協同組合(関学生協)は10月23日、今年度末の決算が過去最大の2億2千万円の単年度…
  3. 2020-2-21

    関西学院交響楽団 定期演奏会 世界的指揮者 佐渡裕さん招く

     関西学院交響楽団の定期演奏会が2月8日、神戸国際会館こくさいホール(神戸市中央区)で行われた。世…

アーカイブ

ページ上部へ戻る