関学サッカー、甲南大に敗れる 全国出場へ崖っぷち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生サッカーリーグは29日、延期となっていた後期第5節が堺市のJ—GREEN堺であり、関西学院大は甲南大に1—3で敗れた。関学大は9試合を消化して勝ち点14の7位となった。4位以上に与えられる全国大会出場には、残り2試合の全勝が必要になる。

 「立ち上がりが甘くなった」

 試合開始すぐの前半2分、甲南大に先制を許した。続く22分、コーナーキック後のカウンターから再び失点。「攻守の切り替えが相手に劣っていた」とゲームキャプテンのMF藤井敦仁は振り返った。

 2失点後は、MF安羅修雅やFW木村勇大がゴールポストをかすめるシュートを放つなど、攻勢を強めた。ゴールに迫ったが、得点を奪えなかった。木村は「押し込んだ時間帯に点が取れなかったのは、僕ら前線の選手の責任」と肩を落とした。

 後半28分、甲南大にクロスの流れから3点目を決められた。反撃を試みた関学大だったが、大きな失点となった。

 後半36分、関学大は一矢を報いた。左サイドをパス交換から抜け出したFW山見大登が中央へ折り返し、木村が右足でゴールに押し込んだ。「試合中、山見君がサイドをえぐった時は、ゴール前が空いているなと思っていた。狙っていた形だった」と木村。しかし「1点じゃ勝てない。もっと決められるチャンスもあった。」と悔やんだ。

 後期リーグ戦は残り2試合。藤井は「技術うんぬんではなく、絶対に勝つという気持ちをもう一度持たないといけない」と話した。 (林 昂汰)

相手ゴールへ迫るFW木村勇大(中央)=29日、堺市のJ—GREEN堺、井上初希撮影
ドリブル突破を図る途中出場のFW岡島温希(左)=29日、堺市のJ—GREEN堺、井上初希撮影

林昂汰編集部編集長

投稿者プロフィール

山口県防府市出身、社会学部2回生。新聞総部では、サッカー部や応援団総部、卒業生などを多く取材。2月の人事交代で編集長となり、さらなる成長の必要性を痛感している。趣味は深夜ラジオを聞くこと。聞きたい番組がどんどん増えており「時間がない」と嘆く。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る