関学大 3回目ワクチン接種「実施したい」も規模見通しつかず 5~7月で検討か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学の新型コロナウイルス対策本部の事務局である学長室は、関西学院大学新聞の取材に応じ、3回目の新型コロナウイルスワクチン接種について「学生の健康のためにも大学で実施したい」と話した。現時点で接種の開始時期は、大学拠点接種から8カ月後となる2022年5月から7月で検討している。

 学長室の担当者は、3回目接種が2回目接種の原則8カ月後から実施できることを受け、大学内に接種会場を設けることを検討していると話した。「国の指針や要請を待っているのが現状だが、実施すると想定して動いている」と話し、接種会場の規模を推し量れていないことが現在の問題だと打ち明けた。

 ワクチンの供給を国に申請する際には、接種に必要なワクチンの数を正確に把握することが必要だ。関学大は2021年8月から11月の大学拠点接種で、約1万2千人の学生や教職員にワクチンを接種した。2回目接種の8カ月後は、来年度の春学期期間に当たり、担当者は「来年度は対面授業を予定していて場所の確保が難しい。4分の1の学生が新入生と入れ替わり、接種を希望する人数も予測しにくい」と説明した。

 接種の規模によっては、ワクチンの打ち手が変わる。前回の大学拠点接種では、兵庫医科大学や上ケ原病院などの近隣の医療機関の協力があった。「小規模であれば大学保健館の医師や看護師で実施できるが、前回のような規模になると助けが必要だ」と接種規模を決めることの重要性を強調した。

 3回目接種の今後について「結局は国の指針を待つしかない。検討している大学はどこも同じだと思う」と話した。(西村遼)

西村遼

投稿者プロフィール

兵庫県川西市在住。取材や執筆の上達だけでなく、見出しに負けない情報量を持つ写真を撮ることを目指している。 散策が好きで、家から京都までが活動範囲。悩み事は、カメラを持ち歩く体力がないこと。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る