【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 林部晃己 チームのために、前線からの守備とゴール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「チームのために」その言葉を何度も繰り返した林部。フォワードとして得点することはもちろん、ボールをキープして時間を与えることや、前線からの守備でチームに貢献することを意識しているという。「大学に入ってからは、チームのためにどれだけできるかを考えるようになった」と変化を語った。

 高校時代、試合に出られず、腐りかけた時期があった。当時のコーチが林部をサポートし、共に苦境を乗り越えた。「コーチのおかげで関学に入ることができ、サッカーに全力を注ぐことができている」と振り返った。

 林部の理想は、イングランドでプレーするフィルミーノ選手。卓越した技術を持ちながら、前線からボールを追い回し、自分へ入ったボールをキープし味方に時間を与える。「彼みたいに、チームにリズムや時間を与える選手になりたい」と話す。

  引退を間近に控える林部。「チームのために走って、チームを勝たせる。悔いなく終えられるようやりきるしかない」と語る。献身的な走りとゴールでチームを勝利へ導く。   (林 昂汰)

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-8

    鳥内監督引退会見 学生の主体性を強調「お前ら勝手にやってくれ作戦や」

     今季限りで退任する体育会アメリカンフットボール部の鳥内秀晃監督(61)が8日、本学西宮上ケ原キャ…
  2. 2019-2-15

    (日進月歩)震災を受けて

    ボランティアは、災害時に救援の第一線に立っている。ボランティアの発端は阪神淡路大震災であった。災害時…
  3. 2020-10-18

    無失点で京産大下し4戦全勝 関学サッカー部 

    関西学生サッカーリーグ1部リーグは18日、後期第6節が万博記念競技場(大阪府吹田市)であり、関西学院…

アーカイブ

ページ上部へ戻る