【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 林部晃己 チームのために、前線からの守備とゴール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「チームのために」その言葉を何度も繰り返した林部。フォワードとして得点することはもちろん、ボールをキープして時間を与えることや、前線からの守備でチームに貢献することを意識しているという。「大学に入ってからは、チームのためにどれだけできるかを考えるようになった」と変化を語った。

 高校時代、試合に出られず、腐りかけた時期があった。当時のコーチが林部をサポートし、共に苦境を乗り越えた。「コーチのおかげで関学に入ることができ、サッカーに全力を注ぐことができている」と振り返った。

 林部の理想は、イングランドでプレーするフィルミーノ選手。卓越した技術を持ちながら、前線からボールを追い回し、自分へ入ったボールをキープし味方に時間を与える。「彼みたいに、チームにリズムや時間を与える選手になりたい」と話す。

  引退を間近に控える林部。「チームのために走って、チームを勝たせる。悔いなく終えられるようやりきるしかない」と語る。献身的な走りとゴールでチームを勝利へ導く。   (林 昂汰)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る