【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 林部晃己 チームのために、前線からの守備とゴール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「チームのために」その言葉を何度も繰り返した林部。フォワードとして得点することはもちろん、ボールをキープして時間を与えることや、前線からの守備でチームに貢献することを意識しているという。「大学に入ってからは、チームのためにどれだけできるかを考えるようになった」と変化を語った。

 高校時代、試合に出られず、腐りかけた時期があった。当時のコーチが林部をサポートし、共に苦境を乗り越えた。「コーチのおかげで関学に入ることができ、サッカーに全力を注ぐことができている」と振り返った。

 林部の理想は、イングランドでプレーするフィルミーノ選手。卓越した技術を持ちながら、前線からボールを追い回し、自分へ入ったボールをキープし味方に時間を与える。「彼みたいに、チームにリズムや時間を与える選手になりたい」と話す。

  引退を間近に控える林部。「チームのために走って、チームを勝たせる。悔いなく終えられるようやりきるしかない」と語る。献身的な走りとゴールでチームを勝利へ導く。   (林 昂汰)

林昂汰編集部編集長

投稿者プロフィール

山口県防府市出身、社会学部2回生。新聞総部では、サッカー部や応援団総部、卒業生などを多く取材。2月の人事交代で編集長となり、さらなる成長の必要性を痛感している。趣味は深夜ラジオを聞くこと。聞きたい番組がどんどん増えており「時間がない」と嘆く。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-4-19

    (教授の背中)畜産の学びを世界に 鍋田肇教授

     鍋田肇(なべた・はじめ)教授は、国際協力機構(JICA)から本学国際教育・協力センター(CIEC…
  2. 2020-11-28

    関学アメフト部 終了間際に逆転、甲子園ボウル出場を決める 

     関西学生アメリカンフットボールは28日、大阪府吹田市の万博記念競技場で1部トーナメントの決勝があり…
  3. 2018-12-14

    皆の心を満たした新月祭2018

    新月祭2018が、神戸三田キャンパスでは10月20日と21日、西宮上ケ原キャンパスでは11月1日か…

アーカイブ

ページ上部へ戻る