関西学院グリークラブ130周年 国境を越え、歌い継ぐ歌を披露

 9年間連続で全国大会金賞を受賞し続けている関西学院グリークラブが、120周年を記念して演奏会を行った。演奏会には錚々たる面々が招かれ、120周年にふさわしい演奏会となった。

 9月29日に本学中央講堂にて、関西学院グリークラブ120周年記念フェスティバルが行われた。この演奏会にはクロアチア在日大使、チェコ大佐、スロバキア大使館の参事官が招かれ、大盛況となった。大使たちの招待は、部員らが自分たちで英語の文書を作成し、行った。120代部長の林浩平さん(経・4)は「大使たちの招待にはとても苦労した。自分たちの団体をどのようにアピールするべきか、試行錯誤した」と語った。

 この日の一番の見どころは、100年前にチェコスロバキア軍から譲り受けた合唱歌である「U BOJ!(ウ・ボイ)」をメインとした、ウ・ボイ伝承100周年記念ステージだ。この曲は、普段はアンコールで披露されることはあるが、メインとして披露されることはめずらしいことだという。

 演奏会には、関西学院グリークラブを含めた5団体、約250名が出演した。毎年出演している関西学院中等部グリークラブや、関西学院高等部グリークラブ、新月会(OB会)に加え、昨年発足したウィメンズ・グリークラブもステージに上がった。10代から90代まで、幅広い年齢層の出演者がステージに立つというのは、歴史ある関西学院グリークラブならではだ。

 12月19日に中央講堂で入場無料の演奏会を行う。グリークラブの合唱で、音楽でクリスマスを感じてみては。

「ウ・ボイ」を披露する、関西学院グリークラブの部員ら=9月29日、関西学院中央講堂、同部提供

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-12-14

    皆の心を満たした新月祭2018

    新月祭2018が、神戸三田キャンパスでは10月20日と21日、西宮上ケ原キャンパスでは11月1日か…
  2. 2019-4-1

    (K.G.People)何者でもない大学生がゼロから起業 岡村朋弥さん

     今の時代を代表する実業家である、マイクロソフトのビル・ゲイツやソフトバンクの孫正義は、学生時代に…
  3. 2019-6-1

    (扉の一言)私は人間でも一回ダメになった人が好きなんですね 樹木希林

     エッセイ集『一切なりゆき:樹木希林のことば』から。 昨年9月に亡くなった樹木希林さん。がんで蝕まれ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る