秋学期卒業式 今年も入場者を限定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学の秋学期卒業式が、17日から18日にかけて西宮上ケ原キャンパス総合体育館であった。17日は神戸三田キャンパスと西宮聖和キャンパスの3学部、18日は西宮上ケ原キャンパスの8学部の式があった。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年も入場者を卒業生のみに限定。今年の学部卒業生は5415人だった。

 式の冒頭、今年で発生から11年を迎える東日本大震災と、現在も続くウクライナでの戦闘と現地の人々へ思いをはせ、祈りを捧げる場面があった。

 舟木讓院長は、2年間のコロナ禍での学生生活に触れたうえで「関西学院大学で培った力を、社会に存在するフェンスを取り除くために使ってほしい」と話した。村田治学長は「社会や世界の変化に対応するために自己を鍛え、その成果を世界人類のために役立ててほしい」と激励した。

 4月から地元の九州の銀行に就職するという法学部4年の女子学生は「コロナの影響で後半の2年間はほとんど大学に来ることができず、アパートで一人しんどい時間を過ごした時もあった」とし「卒業できたという安心感と、関西に来て仲良くなった友人と離れることへの寂しさが入り交じっている」と感慨深げな様子だった。

 東京の大学院に進学する法学部4年の女子学生は「一番の思い出は部活動。練習は厳しかったが、あんなに濃い思い出を作れた大学生活に感謝」と振り返った。

 17日の式の前後には、中央芝生や正門前で記念撮影をする学生の姿も見られた。18日はあいにくの雨だったが、傘を差しながら友人とカメラに納まる学生や談笑する学生もいた。

 入場できなかった学生の家族らが式を見ることができるよう、動画投稿サイト「YouTube」で式の様子を生配信した。(吉永美咲)

卒業生に祝辞を贈る村田治学長=2022年3月18日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの総合体育館、西村遼撮影
感染症対策のため賛美歌は1番のみ斉唱。校歌「空の翼」は録音が流れるだけとなった=2022年3月18日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの総合体育館、西村遼撮影
雨の中でも卒業生らは時計台の前で記念撮影を楽しんだ=2022年3月18日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの中央芝生、西村遼撮影

吉永 美咲副総部長付庶務補佐

投稿者プロフィール

広島県出身、社会学部社会学科3回生。これまで、留学に挑戦する関学生や新型コロナワクチンの大学拠点接種、また、大学を陰で支えている人びとについて記事を書いた。2020年度はオンラインで活動に参加。昨年度の人事でデスクとなり、細かな表現や言葉づかいなど日本語について考える毎日。趣味は合気道、伝統芸能鑑賞など。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る