アメフト部 日大定期戦中止 被害学生の希望も叶わず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関学大アメリカンフットボール部は7日、再開予定だった日本大との定期戦を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で関西学生連盟が春季全試合の中止発表したことを受けての措置。2018年の日大悪質タックル問題をうけて昨年は中止していた。

 昨年4月、日大の橋爪功監督らからチーム作りの方針などの報告をうけて以降、やり取りを続けていた。昨年末には日大から定期戦再開の要望もあり、昨季終了後に部内で検討。関学大は日大の指導体制や、リーグ戦の映像から安全に試合を行えると判断。先月20日、同監督と西宮市内で面会し、再開合意に至っていた。

 再開には、悪質タックルの被害を受けた関学大の学生の強い希望もあり、学生の父や主将らも同意していたという。

 来年以降の実施については未定。今後、定期戦実施の可否については、毎年協議して決める方針だという。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る