定期演奏会で震災の記憶を伝える展示を企画 関西学院交響楽団

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院交響楽団の2月8日の定期演奏会の副題は「阪神・淡路大震災25周年メモリアル」。震災からの復興のシンボルとしてできた兵庫県立芸術文化センター(西宮市)で芸術監督に就き、チャリティー演奏会に携わるなどしてきた佐渡裕さんが提案した。

 部員の思いも熱い。震災当時のことを知る部員は少ない。関西学院交響楽団演奏会運営チーフの塚本彩乃さん(教・3)も震災当時は生まれていなかったが、被災した両親の話を聞いて、「震災を風化させないという思いを持ち、部員全員が当時のことをしっかり知って演奏会に臨みたい」と感じ、部内で震災に関する勉強会を実施することを提案した。

 演奏会当日はホールのロビーに、震災当時の本学の被害状況がわかるような写真などを展示する。塚本さんは「楽団OBをはじめ、関学も被災している。当時のことを知らない人が、震災のことを知るきっかけにしたい」と意気込んだ。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-10-25

    オンライン新月祭、前半終了 集客に課題残る 第2弾は新たな取り組みも

     新型コロナウイルスの影響で初のオンライン開催となった関西学院大学の学園祭「新月祭」の第1弾が24日…
  2. 2020-11-30

    関学アメフト部、日本大と対戦へ 悪質タックル以来初 日大主将「再び甲子園ボウルで戦えるのは運命なのかも」

     関西学院大学体育会アメリカンフットボール部は甲子園ボウル(12月13日・阪神甲子園球場)で日本大と…
  3. 2018-7-20

    (ポプラ)女性の活躍する世の中へ

     ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相が先月出産し、6週間の産後休暇を取得した。一時的に国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る