(教授の背中)HoLC・向井光太郎准教授 「本当の勉強」 学生と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「スマートで、おしゃれで格好いい。関西で進学するならここしかなかった」。関西学院大学法学部に入学した。

 大学ではアメリカンフットボール部に入部した。4年生の夏の大会で米国の大学とチームを組んだ。練習を共に重ねる中で「弁護士になるために4年間勉強する」、「これから6年間メディカルスクールに通う」と話す同学年の米国人学生に衝撃を受けた。「自分たちはもう大学を卒業するというのに、彼らは『今からが本当の勉強だ』と言う。これでは勝てん」と差を痛感した。

 米国人学生との出会いにより、勉強への意欲がより高まっていた。卒業後はいったん文具メーカーに就職し、1997年には同大学の商学研究科に入学。仕事を続けながら、夜は大学でマーケティングの理論を学んだ。「理論と実務を行ったり来たりしていた。理論を学びながら、それを職場で応用することで新しい発見にもつながった」

 2012年から経済学部、13年から総合政策学部でマーケティング論を学生に説いている。講義では、ゲスト講師を呼んだりケーススタディをしたりすることで学生が関心を持つように工夫しているという。「リアルな現場がどう仕事しているのか知ってもらう。そこで理論と照らし合わせ学んでいく」と話す。

 営業職の役割を疑似体験するロールプレーでは「(営業職)のつらい、大変というイメージから、自分たちのスタイルや経営において無くてはならない仕事というイメージに変わった」や「商品やサービスを見る目が変わった」という感想が学生から聞かれる。「固定観念が変わっていく感覚がうれしい」と目を細める。

 今年からハンズオン・ラーニングセンター(HoLC)の准教授になった。大阪・上本町などをフィールドに学生それぞれが課題を見いだし研究する。「自分に問い掛けながら考え抜いていく。価値観の矛盾なんかも出てくると思う。それを大切に受け止めて一緒に考え続けていきたい」

 「(学生は)自分たちが主役なんだという意識を持って、新しいことをしていかなあかん。そう思うために自分たちがちゃんとせなあかんという気持ち」だという。学生と深い関わりを持ち研究を進めていく。(林昂汰)

HoLC・向井光太郎准教授

林昂汰編集部編集長

投稿者プロフィール

山口県防府市出身、社会学部2回生。新聞総部では、サッカー部や応援団総部、卒業生などを多く取材。2月の人事交代で編集長となり、さらなる成長の必要性を痛感している。趣味は深夜ラジオを聞くこと。聞きたい番組がどんどん増えており「時間がない」と嘆く。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る