関学大アメフト 立命大を下し、第59回関西リーグ全勝優勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生アメリカンフットボール1部リーグの最終節は11月27日、万博記念競技場(大阪府吹田市)にて行われ、既に4大会連続59度目の優勝を決めていた関西学院大学は立命館大学に10-6で勝利し、7戦全勝を果たした。

 関学大は第2クオーター(Q)にQB星野秀太(1年)からWR糸川幹人(4年)へのパスが通り、タッチダウン(TD)で先制する。第3Qに立命大に1点差まで追いつかれるが、第4Qにキッカーの福井柊羽(4年)がフィールドゴール(FG)を決めて、そのまま逃げ切った。

 激しい守備戦を繰り広げ、なかなか点数の入らないゲームとなった。試合後、関学大の大村和輝監督は「立命大はレベルの高いチームなので、ある程度点は取れないだろうとは予想していた」と話した。今試合初めてのTDを決めた糸川は「立命大は意識してきた相手だったので、勝てたことは素直にうれしい」と語り、TDについては「ずっと準備してきたことなので、平常心でプレーすることができた」と振り返った。

 また、TD1本に終わってしまったオフェンスについて主将の占部雄軌(4年)は「タイミングやコンビネーションを何回もミーティングを重ねて調整していきたい」と述べた。甲子園ボウルについては「これがオフェンスってところを見せたい」と力強く語った。

 関学大は関西代表として全日本大学選手権の準決勝に進出した。12月4日には博多の森陸上競技場(福岡市博多区)で、西南学院大(九州代表)と対戦する。大村監督は甲子園ボウルの優勝に向けて「今シーズン一番のゲームができるように準備していきたい」と意気込んだ。(木下皓太郎)

関西学生リーグを優勝し喜ぶ選手ら=11月27日、大阪府吹田市の万博記念競技場、柴崎辰徳撮影
第2Q、星野選手からエンドゾーンへのパスを受け取り喜ぶ小林選手(左)。パスは惜しくもアウトオブバウンズ(不成功)と判定された=11月27日、大阪府吹田市の万博記念競技場、柴崎辰徳撮影
第2Q、TDを決めてボールを掲げる糸川選手=11月27日、大阪府吹田市の万博記念競技場、柴崎辰徳撮影
第1Qから少しの失点が試合を左右する激しい守備戦を繰り広げた=11月27日、大阪府吹田市の万博記念競技場、柴崎辰徳撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る