芸人ラジオ 「名刺代わりになるように」 ラジオ関西 神吉将也さん(商学部卒)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 スマホやパソコンで、無料で聞ける音声コンテンツ、ポッドキャスト。その中で優秀な番組に送られる「JAPAN PODCAST AWARDS」のベストメディアクリエイティブ賞にノミネートされた作品の中で、ひときわ異彩を放つ番組がある。ラジオ関西で毎週土曜日に配信しており、漫才コンビ「マユリカ」がパーソナリティを務める「マユリカのうなげろりん!!」だ。関西学院大学商学部出身で、プロデューサーの神吉将也さん(30)は芸人ラジオの新しい形を生み出し続けている。

 大きい局の番組が名を連ねる中で、比較的小規模のラジオ関西が対等に渡り合っているのには、地上波にはないポッドキャストならではの特徴が関係しているのではないかと神吉さんは推測する。  

「放送エリアの縛りがないポッドキャストは、キー局と同じ土俵で戦うことができる。その分目立たないと埋もれてしまう。知ってもらえるように、番組制作には時間を惜しまない」という。

 「うなげろりん」はマユリカの2人が番組内で提案したビキニ写真集を実現させたことで話題になった。

 高校時代、現在もTBSラジオで放送中の番組「おぎやはぎのメガネびいき」を聴いたことが芸人ラジオとの出会いだったという神吉さん。その時から今も実感していることは「ラジオはコンビ仲がいい方が面白いものになるし、リスナーさんも求めている」ということだ。番組を企画する段階で劇場に足を運び、トークや仲の良さを考慮して、パーソナリティを選ぶようにしているという。

 神吉さんは自身が0から1を生み出す能力に秀でているわけではないと語る。一方でみんなの願いを実現へ向けて調整する力が自分の強みと分析する。「小さな局の番組でも、やる意味がある」と芸人さんに感じてほしいと思いながら番組を制作しているという。

 当面の目標はポッドキャスト番組のランキング1位になることだ。「ラジオ関西を知ってもらうのはもちろん、芸人さんが名刺代わりに番組を紹介できるようにしたい」と意気込みを語った。(武田裕貴)

番組内で作成したビキニ写真集をもつ神吉さん=2023年2月13日、ラジオ関西、武田裕貴撮影 

武田裕貴総部長

投稿者プロフィール

商学部3年。趣味はラジオを聞くこととランニング。常にみんなから慕われる存在でいたいと思っている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る