池上彰さん講演 文理融合とこれからの勉強法説く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 ジャーナリストの池上彰さん(70)が先月10日、関西学院大学神戸三田キャンパスで「大学時代に何をするべきか」をテーマに講演した。対面で約240人、オンラインで約400人の学生が参加した。

 今回の講演は、同キャンパスの理系4学部(理学部、工学部、生命環境学部、建築学部)の再編を記念したイベント。

 池上さんは、大学時代に教養を身に付けるべきだとし「今まで学んできたことを使えるかが重要」と話した。「知識や常識の運用力が、うその情報かどうかを見極める力になる」と学生に説いた。

 学問への向き合い方にも言及した。人工知能(AI)を例に「研究や技術開発は理系、利用することでどのように弊害が発生するのかを考えるのは文系の分野。実際に使う際には両方について知っていないといけない」と語った。

 外出自粛によって自由な時間が増えたことにも触れ「コロナ禍を新しいことを生み出す『創造的休暇』として過ごしてほしい」と促した。「学生運動によって入学後すぐには授業を受けられなかった。その期間に読書したことで、独学の力が身に付いた」と自身の経験を語った。

講演会に参加した総合政策学部3年の男子学生は「(文系である)自分自身、物事を論理的に考えることが苦手なので、訓練したい。他の学生にはない強みになる」と抱負を語った。(西村遼、吉原未来)

講演を行う池上彰さん=2021年5月10日、関西学院大学神戸三田キャンパス

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る