関学大 一部の対面授業をオンライン授業に移行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学は10日、12日から新型コロナウイルスに対応する活動制限レベルを現在の「レベル3(部分的制限)」から「レベル4(重点的制限)」に引き上げると発表した。教室の収容定員を変更するなどの感染対策を強化すると共に、一部の対面授業をオンライン授業に移行する。

 授業形態の移行は、新入生が少しでも大学生活に慣れ、友人や在学生とのネットワークを広げられるように、15日から27日までの期間を設け段階的に実施する。

 大学の関係者は関西学院大学新聞の取材に対し「(レベル4への引き上げは)苦肉の策。春学期が開始して間もない発表で新入生や2年生はとても可哀想だと思うが、大学としてはクラスター(感染者集団)を発生させたくはない」とし、「春学期が始まって1週間も経たないうちの発表で、職員である私としても活動制限レベルの変更は急な話だった」と話した。

 兵庫県内の新型コロナの感染状況は、9日時点で政府の分科会が示す指標で最も深刻な「ステージ4(感染爆発)」相当に達している。(柴崎辰徳)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-12-8

    西宮聖和キャンパスを支えるSCCV

     関西学院大学西宮聖和キャンパス教育学部の公認ボランティア団体であるSCCV(聖和・キャンパス・コ…
  2. 2023-12-8

    映画体験を他者と共有 「Library cinema」

     関西学院大学図書館は11月15日と16日の2日間、西宮上ケ原キャンパス大学図書館の図書館ホールに…
  3. 2023-12-8

    2025年 神戸三田キャンパスに新施設が誕生

     関西学院大学は、兵庫県三田市学園4丁目2番に所在するカルチャータウン地区センター南ブロック用地に…
ページ上部へ戻る