関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場一般部門で、関西学院グリークラブが関西代表として大学ユースの部に出場。金賞と、大学ユースの部2位に当たる岡山市教育委員会教育長賞を受賞し、11大会連続の金賞となった。

 グリークラブが歌ったのは、ジョアキーノ・ロッシーニが作曲した課題曲「Preghiera(祈り)」と、自由曲として関西合唱コンクールで披露した「合唱のためのコンポジションIII」から、「艪(ろ)」「引き念佛(ねんぶつ)」。平見佳久部長(教育学部4年)は「課題曲と自由曲は本来なら昨年度に歌う予定だった3曲。そういった意味では、2年分の思いを背負って歌った」と説明した。

 出場した9団体のうち、同部のみ、大学との話し合いの元、マスクを着けて歌った。パートリーダーの金田秀崇さん(社会学部4年)は「マスクを着けて歌うと、丁寧に言葉を処理する必要があるため苦手。だが、今までの常識を超える演奏になった」と話した。

 会場を訪れた地元の50代女性は「マスクを着けて歌いづらかったとは思うが、ほんのわずかな小さな音まではっきり聴こえてきた。素晴らしい演奏だった」と感激した様子だった。

 本大会は、4年生にとって学生生活最後の大会となった。平見部長は「今年は思わぬ規制がある状況でも結果を出せることが証明できた。今回の大会はやり切った」とし「3年生は自分よりも音楽に詳しく、情熱的な部員が多い。今は経験不足だが、この大会の経験や思いを生かして成長してほしい」と期待を寄せた。

 同部の森一眞さん(教育学部3年)は「(11大会連続金賞は)プレッシャーを感じるところがある。それでも、来年は最優秀賞に当たる文部科学大臣賞を取るので、今後の活躍に注目してもらえたら」と意欲を示した。(柴崎辰徳)

11大会連続の金賞を目標に歌った関西学院グリークラブ=2021年11月20日、岡山市北区の岡山シンフォニーホール、柴崎辰徳撮影
11大会連続の金賞を目標に歌った関西学院グリークラブ=2021年11月20日、岡山市北区の岡山シンフォニーホール、柴崎辰徳撮影
11大会連続の金賞を目標に歌った関西学院グリークラブ=2021年11月20日、岡山市北区の岡山シンフォニーホール、柴崎辰徳撮影
表彰盾を手にする平見部長。「部員やOB、応援してくれた人に恩返しができた」と喜んだ=2021年11月20日、岡山市北区の岡山シンフォニーホール、柴崎辰徳撮影
結果発表後に集合写真を撮る部員ら=2021年11月20日、岡山市北区の岡山シンフォニーホール、柴崎辰徳撮影

柴崎辰徳総部長付広報

投稿者プロフィール

兵庫県加東市出身、文学部総合心理科学科心理科学専修2回生。最近の関心はモラルライセンシング効果(moral self-licensing)。新聞総部では、アメフトやグリークラブなど主に部活動の活動様子を中心に取材。また、広報担当としてポスターの作成やSNSの運用等も携わっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る