仁川の空き家を学生用シェアハウスに改修 失われた交流の場に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学公認学生団体「西宮まちづくり連携プロジェクト」は、西宮上ケ原キャンパスの最寄り駅のひとつである阪急仁川駅(兵庫県宝塚市)周辺にある空き家を全面改修してシェアハウスにする活動をしている。このうち、昨年12月末に完成した1棟を、関学生専用シェアハウスにした。新型コロナウイルス禍で失われた学生の交流を増やす狙いだ。

 空き家をシェアハウスに改修する活動は、阪神間で不動産業を営む藤本工務店(同県小野市)と連携して行われた。同工務店が駅周辺の空き家を買い取り、学生らの意見を取り入れつつ改装した。改修工事の全てを同工務店が担当したため、入居者は壁紙の塗り替えや落書きも自由にできるという。

 活動を発起した同団体の泉創和さん(経済学部4年)は「シェアハウスの入居者数は6人ほどで、一般的な家庭の人数と大差がない。新型コロナへの感染リスクが高まることはない」と語る。また、遠方から通学する学生については「家計の負担になるので一人暮らしができず、片道1、2時間掛けて通学している学生もいる。その通学中にこそ感染のリスクがある」と話した。

 シェアハウスには家具がそろっており、1階に共用部、2階に入居者の個室が配置されている。自身も入居を考えている同団体の濱本杏奈さん(経済学部3年)は「シェアハウスに住むことで、減ってしまった学生同士の交流が自然と生まれるのが魅力的。初期費用が抑えられるので、憧れだった一人暮らしに気軽に挑戦できる」と話した。

 全部で4棟あるシェアハウスには、女性専用棟もある。詳細は団体のホームページ(https://www.nishinomiyaproject.com)で確認できる。(一宮麗果)

学生用シェアハウス「シェアパーク仁川」D棟の共用部=2021年2月26日、同団体提供

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る