日本カメラ社主催のフォトコンテストで年度賞受賞 関西学院大学写真部 天辰陽平さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学文化総部写真部の天辰陽平さん(商学部1年)の写真「時空(とき)の広場」が、日本カメラ社主催のフォトコンテストで、2020年の年度賞(学生の部)を受賞した。雑誌『日本カメラ』2020年2月号で金賞(学生の部)に選ばれた作品で、年度賞(学生の部)9点のうちに入った。

 受賞したのは、高校時代の2019年10月ごろ、JR大阪駅の「時空の広場」を撮影した作品。金賞に選ばれた際には「午後4時半の淡いオレンジの光が差し込み、幻想的な作品」「まるで舞台上の演出のように、人々の配置がうまいタイミングで撮影された優れた作品」と評価された。この雑誌のコンテストの年間応募総数は2159点で、天辰さんは「自分の写真が認められて驚きもあったし、うれしかった」と振り返る。

 天辰さんが本格的に写真撮影を始めたのは、写真部に入った高校時代から。写真への興味は幼稚園の頃からあり、親のカメラを借りて撮影していたという。現在では「写真撮影は趣味でもあり、生活の一部。お菓子を食べたい時に食べる、というような感覚に近い」と話す。

 天辰さんは、6月にある一般公募の写真展「芦屋写真展」にも作品を応募している。この写真展はフォトコンテストも兼ねており、入賞すればパリの美術館に展示できる。天辰さんは「写真展に足を運んで、写真に興味を持ってくれる人が増えたらうれしい」と話した。(林 昂汰)

天辰陽平さん(商学部1年)

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-7-19

    関西学院同窓会が銀座にオフィス開設

     関西学院同窓会は6月、首都圏の拠点となる「銀座オフィス」を東京都中央区銀座三丁目に開設した。会議…
  2. 2020-10-21

    【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 船越大夢 関学のイニエスタへ、視界良好

    「たくさんゴールを決めたい」。そう言って笑う船越には、まだあどけなさが残っていた。…
  3. 2019-12-31

    関西学院大学の10大ニュース 2019

    (文中の肩書は当時) 【1位】神戸三田キャンパスに学部新設へ 神戸三田キャンパス …

アーカイブ

ページ上部へ戻る