日本カメラ社主催のフォトコンテストで年度賞受賞 関西学院大学写真部 天辰陽平さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学文化総部写真部の天辰陽平さん(商学部1年)の写真「時空(とき)の広場」が、日本カメラ社主催のフォトコンテストで、2020年の年度賞(学生の部)を受賞した。雑誌『日本カメラ』2020年2月号で金賞(学生の部)に選ばれた作品で、年度賞(学生の部)9点のうちに入った。

 受賞したのは、高校時代の2019年10月ごろ、JR大阪駅の「時空の広場」を撮影した作品。金賞に選ばれた際には「午後4時半の淡いオレンジの光が差し込み、幻想的な作品」「まるで舞台上の演出のように、人々の配置がうまいタイミングで撮影された優れた作品」と評価された。この雑誌のコンテストの年間応募総数は2159点で、天辰さんは「自分の写真が認められて驚きもあったし、うれしかった」と振り返る。

 天辰さんが本格的に写真撮影を始めたのは、写真部に入った高校時代から。写真への興味は幼稚園の頃からあり、親のカメラを借りて撮影していたという。現在では「写真撮影は趣味でもあり、生活の一部。お菓子を食べたい時に食べる、というような感覚に近い」と話す。

 天辰さんは、6月にある一般公募の写真展「芦屋写真展」にも作品を応募している。この写真展はフォトコンテストも兼ねており、入賞すればパリの美術館に展示できる。天辰さんは「写真展に足を運んで、写真に興味を持ってくれる人が増えたらうれしい」と話した。(林 昂汰)

天辰陽平さん(商学部1年)

林昂汰編集部編集長

投稿者プロフィール

山口県防府市出身、社会学部2回生。新聞総部では、サッカー部や応援団総部、卒業生などを多く取材。2月の人事交代で編集長となり、さらなる成長の必要性を痛感している。趣味は深夜ラジオを聞くこと。聞きたい番組がどんどん増えており「時間がない」と嘆く。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-10-4

    法学部学生自治会 臨時学生大会開催

     先月27日、法学部学生自治会(会長・山本海都)が臨時学生大会を開いた。主な議事は同自治会規約の一…
  2. 2018-4-1

    マナーを守って美しく ~学内喫煙所問題~

     本学では、喫煙者と非喫煙者が共存する「分煙」の方針をとっている。しかし、昨今の状況を見ると、本当…
  3. 2020-1-23

    関学大アメフト部、要望書を提出 ライスボウルのあり方の見直し求める

     学生と社会人の実力差が問題になっているアメリカンフットボール日本選手権(ライスボウル)について、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る