恒例のツリー点灯式 コロナで縮小開催 静寂にツリー浮かび上がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学西宮上ケ原キャンパスで11月30日、恒例のクリスマスツリーの点灯式が開かれた。新型コロナウイルスの影響で規模を縮小して開催。静寂の中に、時計台前のヒマラヤスギが鮮やかに浮かび上がった。12月25日まで毎日、午後4時半から午後9時まで点灯される。

 午後6時42分ごろ十数人の観客が見つめる中、時計台とクリスマスツリーに光がともった。点灯したツリーを初めて見たという法学部1年の岡田愛加さんは「パッと光ってすごかった。とてもきれいだった」と鮮やかに彩られた時計台を見上げた。

 昨年も点灯式を訪れたという文学部3年の女子学生は「昨年に比べて賛美歌やキャンドルサービスが無く、ちょっと寂しかった。カウントダウンの掛け声も聞こえにくかった」と肩を落とした。

 点灯式の様子は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の「関西学院チャペル動画」チャンネルで見られる。 (柴崎辰徳)

クリスマスツリー点灯式でスピーチをする人間福祉学部の宗教主事、嶺重淑教授=11月30日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの時計台

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-10-23

    【特集】悲願の日本一へ 体育会サッカー部 本山遥 対人守備、安定感ある戦いを

     高い守備力で対戦相手を抑え込む本山。去年の前期リーグ戦の立命館大戦が記憶に新しい。前半に退場者を出…
  2. 2020-9-6

    関学・原田が総合6位 関西学生賞典総合馬術大会

     関西学生賞典総合馬術大会は6日、三木ホースランドパーク(兵庫県三木市)で第2日があり、障害物が設…
  3. 2021-1-20

    ライスボウルで応援できず、ユニフォームは一度きり チアリーダー部

    アメリカンフットボールの日本選手権、ライスボウルが3日、東京都内であった。関西学院大学応援団総部は応…

アーカイブ

ページ上部へ戻る