恒例のツリー点灯式 コロナで縮小開催 静寂にツリー浮かび上がる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学西宮上ケ原キャンパスで11月30日、恒例のクリスマスツリーの点灯式が開かれた。新型コロナウイルスの影響で規模を縮小して開催。静寂の中に、時計台前のヒマラヤスギが鮮やかに浮かび上がった。12月25日まで毎日、午後4時半から午後9時まで点灯される。

 午後6時42分ごろ十数人の観客が見つめる中、時計台とクリスマスツリーに光がともった。点灯したツリーを初めて見たという法学部1年の岡田愛加さんは「パッと光ってすごかった。とてもきれいだった」と鮮やかに彩られた時計台を見上げた。

 昨年も点灯式を訪れたという文学部3年の女子学生は「昨年に比べて賛美歌やキャンドルサービスが無く、ちょっと寂しかった。カウントダウンの掛け声も聞こえにくかった」と肩を落とした。

 点灯式の様子は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の「関西学院チャペル動画」チャンネルで見られる。 (柴崎辰徳)

クリスマスツリー点灯式でスピーチをする人間福祉学部の宗教主事、嶺重淑教授=11月30日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパスの時計台
柴崎辰徳

柴崎辰徳総部長付広報

投稿者プロフィール

兵庫県加東市出身、文学部総合心理科学科心理科学専修2回生。最近の関心はモラルライセンシング効果(moral self-licensing)。新聞総部では、アメフトやグリークラブなど主に部活動の活動様子を中心に取材。また、広報担当としてポスターの作成やSNSの運用等も携わっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-10-5

    (扉の一言)オードリー・ヘップバーン

    年をとると、人は自分に二つの手があることに気づきます。ひとつは自分を助ける手。そして、もうひとつは他…
  2. 2020-8-28

    関学大も100分授業に 来年度から

     関西学院大学教務機構はこのほど、来年度から授業時間を変更すると発表した。90分だった授業時間は1…
  3. 2020-4-19

    三田キャンパス内の計9ヶ所で 災害備蓄品を無料配布

     神戸三田キャンパス内の計9カ所で、災害備蓄更新による入れ替えで、3月11日から水とカンパン、缶詰…

アーカイブ

ページ上部へ戻る