オンライン新月祭閉幕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 新型コロナウイルスの影響で初のオンライン開催となった関西学院大学の学園祭「新月祭」の第2弾が7日と8日にあった。学生が歌や手品を披露するコンテストや、お笑い芸人の漫才などを動画で配信した。

 先月の第1弾では、集客に課題が残った。終了後、キャンパスや阪急バス車内にポスターを掲示し、大学周辺の家庭にはチラシを配った。

 卒業生のロックバンドのライブは約3千人が視聴した。実行委員会の作本育海・広報局長(経済学部2年)は「収録したものを配信したので、出演者と一緒に観て楽しめるライブになった」と振り返る。

 学生が歌や手品を披露するコンテストでは6組の学生が出演し、実力を競った。ギターの弾き語りを披露し優勝した余星さん(18)は「自宅で聴く人が多いので落ち着いた曲を選んだ。優勝できて本当にうれしい」と話した。

 ツイッターなどSNSのコメントで視聴者や出演者から「実行委員会ありがとう」など感謝の声が届いているという。松田将成・実行委員長(文学部3年)は「(オンラインでも)学生が成果を発表する場が作れてよかった。関係者全員に感謝している」と話した。 (難波千聖)

お笑いライブの生配信を確認する実行委員=7日、西宮上ケ原キャンパスの中央講堂
難波千聖

難波千聖総部長

投稿者プロフィール

 兵庫県加西市出身、文学部文化歴史学科哲学倫理学専修2回生。最近の関心はジェラール・ジュネットの物語論。新聞総部では新月祭の取材を精力的に行うほか、部活動の活動の様子を取材するなど、主にニュース記事で活躍している。また、同窓会担当として多くの人に関西学院大学新聞を読んでもらえるよう、日々試行錯誤を重ねる。趣味は一人カラオケだが、最近は学業とアルバイトに忙しく、なかなか行けていないのが悩み。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-2-15

    (扉の一言)A creaking gate hangs longest

     このことわざと出会った時、真っ先に思い浮かんだのは関西学院中学部OBで、一昨年105歳で亡くなった…
  2. 2019-12-18

    国際学部 木本ゼミ生 日本酒試飲イベント開催

     本学国際学部の木本圭一教授のゼミ生でつくる「日本酒振興プロジェクト」は11日、関西学院会館で留学…
  3. 2020-9-20

    4団体がオンラインで演劇披露 部員獲得を目指して結集

     関西学院大学の4つの演劇団体は、9月25日〜28日、オンラインで演劇を披露する。新型コロナウイルス…

アーカイブ

ページ上部へ戻る