「守備が粘りを見せた」 同志社に勝利し2連勝 関学大サッカー部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学生サッカーリーグ1部リーグは19日、後期第2節がユニバー記念競技場(神戸市須磨区)であり、関西学院大が2―1で同志社大を下した。第1節の大阪学院大戦に続き、連勝を飾った。

 前半6分、FW山見大登が中央からドリブルで抜け出し、相手GKと1対1に。GKの手が足に掛かり、ペナルティキック(PK)を獲得。自ら右隅に蹴りこみ幸先よく先制に成功した。

 一進一退の攻防が続く中、前半終了間際にコーナーキックからヘディングを決められ、スコアを振り出しに戻される。前半はこのまま1―1で終了した。

 後半5分、左サイドを抜け出したMF安羅修雅の中央へのパスを山見がコースを変え、フリーとなっていたMF林部晃己が落ち着いてゴールに流し込み、勝ち越しに成功。林部は、「点を取りたい一心で、全力で走った。こぼれてきて良かった」と振り返った。

 その後、同志社大にボールを握られ、攻め込まれる時間帯も多かったが、試合はそのまま終了。2連勝を決めた。

 GK稲垣佳祐は、「守備陣みんなが最後まで粘って1失点に抑えられた。今後さらに強い相手にも勝てるよう、チームとして強くなっていきたい」と話した。次節は阪南大と対戦する。 (林 昂汰)

勝ち越し点をきめたMF林部晃己(左)=19日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場
GK稲垣佳祐(左)とDF山本祐也(中)。関学の守備陣は粘り強い守備を見せた=19日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場

林昂汰編集部編集長

投稿者プロフィール

山口県防府市出身、社会学部2回生。新聞総部では、サッカー部や応援団総部、卒業生などを多く取材。2月の人事交代で編集長となり、さらなる成長の必要性を痛感している。趣味は深夜ラジオを聞くこと。聞きたい番組がどんどん増えており「時間がない」と嘆く。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る