関学大に爆発の被害なし 相次ぐ大学への爆破予告 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 爆破予告を受け、キャンパスの立ち入りを規制していた関西学院大は、26日から規制を解除すると発表した。爆発の被害は無かった。

 同大は20日、「25日に大学と各学校の主要建造物を爆破する」という内容の投稿が、インターネットの掲示板に見つかったと発表。25日はキャンパスを閉鎖し、学生や生徒の立ち入りを禁止していた。

 6月以降、全国で大学への爆破予告が相次いでいる。先月末には立命館大や同志社大にも爆破予告があった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-10-15

    【特集】大学ミスコン 問われるあり方 

     近年、日本各地の大学で開かれる「ミスコンテスト」のあり方が変化している。コンテストの廃止や、性別を…
  2. 2020-5-3

    Zoomで大規模新歓 106団体参加

     新型コロナウイルスの影響で課外活動の自粛が続く中「関西学院大学Zoom合同オンライン新歓」が開催…
  3. 2020-9-5

    第1日を終え関学勢トップは5位・原田 関西学生賞典総合馬術大会

     関西学生賞典総合馬術大会は5日、三木ホースランドパーク(兵庫県三木市)で開幕した。この日は人馬一…

アーカイブ

ページ上部へ戻る