関学大に爆発の被害なし 相次ぐ大学への爆破予告 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 爆破予告を受け、キャンパスの立ち入りを規制していた関西学院大は、26日から規制を解除すると発表した。爆発の被害は無かった。

 同大は20日、「25日に大学と各学校の主要建造物を爆破する」という内容の投稿が、インターネットの掲示板に見つかったと発表。25日はキャンパスを閉鎖し、学生や生徒の立ち入りを禁止していた。

 6月以降、全国で大学への爆破予告が相次いでいる。先月末には立命館大や同志社大にも爆破予告があった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る