関学大に爆発の被害なし 相次ぐ大学への爆破予告 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 爆破予告を受け、キャンパスの立ち入りを規制していた関西学院大は、26日から規制を解除すると発表した。爆発の被害は無かった。

 同大は20日、「25日に大学と各学校の主要建造物を爆破する」という内容の投稿が、インターネットの掲示板に見つかったと発表。25日はキャンパスを閉鎖し、学生や生徒の立ち入りを禁止していた。

 6月以降、全国で大学への爆破予告が相次いでいる。先月末には立命館大や同志社大にも爆破予告があった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-2-15

    (日進月歩)震災を受けて

    ボランティアは、災害時に救援の第一線に立っている。ボランティアの発端は阪神淡路大震災であった。災害時…
  2. 2020-5-3

    Zoomで大規模新歓 106団体参加

     新型コロナウイルスの影響で課外活動の自粛が続く中「関西学院大学Zoom合同オンライン新歓」が開催…
  3. 2019-12-13

    (留学レポート)独ミュンヘンで世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」

     初雪を迎えたドイツ・ミュンヘンは、ますます寒さを増し、寒さに弱い私にとっては辛い冬を迎えた。夏時…

アーカイブ

ページ上部へ戻る