関学大に爆発の被害なし 相次ぐ大学への爆破予告 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 爆破予告を受け、キャンパスの立ち入りを規制していた関西学院大は、26日から規制を解除すると発表した。爆発の被害は無かった。

 同大は20日、「25日に大学と各学校の主要建造物を爆破する」という内容の投稿が、インターネットの掲示板に見つかったと発表。25日はキャンパスを閉鎖し、学生や生徒の立ち入りを禁止していた。

 6月以降、全国で大学への爆破予告が相次いでいる。先月末には立命館大や同志社大にも爆破予告があった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-10-5

    関学サッカー部 第3戦は不戦勝 近畿大が部員大麻使用で辞退 

     関西学生サッカーリーグ1部リーグは3日、近畿大が後期第4節の出場を辞退し、関西学院大が不戦勝した。…
  2. 2019-2-15

    “We’s フォーラム 2019″開催

     1月26日に、起業家や起業を志す人を対象に、大阪市女性起業家情報交流協会主催の「We's フォー…
  3. 2019-7-19

    (ヒストリー)キリスト教主義教育の歴史

     本学の創立の原点はキリスト教主義だ。学院の創立以来、建学の精神として重要視される考え方ではあるが…

アーカイブ

ページ上部へ戻る