春のオープンキャンパス開催 大学講義を体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学は3月23日、西宮上ケ原キャンパスと西宮聖和キャンパスにて、OPEN CANPUS SPRING 2024を開催した。

 「14学部の研究・学問の魅力を体感しよう」というサブタイトルのもと、当日は50にも及ぶ模擬講義を西宮上ケ原キャンパスのB号館で実施した。

 商学部では、菅原智教授が「会計はAIによって不要になるのか?―これからのビジネスと会計の勉強法―」と題した講義を行った。菅原教授は講義内でピザ屋の経営改善を例にとりあげ、Chat GPTの活用について述べた。  

Chat GPTは理屈上では正しい経営改善の提案をするかもしれない。しかし、様々な要因が絡むビジネスの現場において、提案をそのまま採用してもうまくいかない場合がある。菅原教授はこのような落とし穴を見抜く力を身に着けることがこれからの大学教育に求められると説明した。

講義を受講したオープンキャンパス参加者は、「Chat GPTの利用が当たり前となった現在、その提案を丸飲みすることは問題があるのだと知ることができた。ためになる講義だった」と満足げに語った。また、「当初会計には興味がなかったものの、講義を聞いて面白いと感じた。是非学んでみたい」と会計への興味を示した。  (林諒太郎)

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2024-7-12

    徒歩1分!関学生待望パン屋さん boulangerie quatre mariages

    オリジナリティ溢れたパンたち=2024年5月23日、boulangerie quatre mari…
  2. 2024-7-12

    関学大硬式野球部 甲子園を舞台に関大に連勝

    歓喜でグラウンド内に集まる関学大硬式野球部メンバー=2024年5月11日、阪神甲子園球場、石本理子…
  3. 2024-7-12

    マスターピース 「本日は、お日柄もよく」 関西学院大学文学部卒 原田マハ著

     この物語の主人公、二ノ宮こと葉は会社員として気楽で平凡な日々を送っていた。そんなある日、こと葉は…
ページ上部へ戻る