今季で勇退の鳥内監督 「主役は学生」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 本学アメリカンフットボール部は15日、甲子園ボウルを制した。今季で勇退する同部の鳥内秀晃監督にとって最後の甲子園ボウルはどう映ったのか——。

 この日も「主役は学生」と喜びを抑えた監督は、記者に最後の甲子園ボウルへの思い入れを問われ「泣きそうや」と言ったものの、間髪入れずに「うそやで。ほんと頼むで」とおどけて見せる一幕も。「甲子園に来られない監督もいる中、何回も来させてもらってありがたい」と感謝の言葉も述べた。

 来年1月3日のライスボウルに向けては「やっと終わるわ」と冗談を言いつつ、「たくさんのファンが応援に来るから、どういうプレーを見せるのかがポイント」とした。

主将のDL寺岡芳樹に促され、記念撮影の輪に入る鳥内秀晃監督(右)=15日午後4時17分、阪神甲子園球場
選手たちと記念撮影をし、笑顔を見せる鳥内秀晃監督(右)=15日午後4時18分、阪神甲子園球場

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る