(留学レポート)独ミュンヘンで世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 初雪を迎えたドイツ・ミュンヘンは、ますます寒さを増し、寒さに弱い私にとっては辛い冬を迎えた。夏時間の終わりとともに日が沈む時間も早くなり、夜が長く感じられる。突如として訪れた季節の変化に、戸惑うばかりの日々だ。

 少し遡ることになるが、9月21日から10月6日、世界最大規模のビール祭り「オクトーバーフェスト(10月祭)」が開催された。毎年、世界各国から約600万人が訪れる祭りの影響で、ミュンヘン市内は休日、平日を問わず大にぎわいだった。また、町中が祭り参加時に着用するバイエルン州の民族衣装(女性はディアンドル、男性はレーダーホーゼン)を着た人であふれていた。

 朝が苦手なヨーロッパ人も、年に一度の祭りにかける想いは強い。祭りの期間中は、早朝から会場には長蛇の列ができ、開始時刻ととも大勢の人が流れ込む。会場のテレージエンヴィーゼは42ヘクタールの広大な敷地で、数週間かけて設置された移動式遊園地や屋台などが並ぶ。祭りのメインであるビールテントには、約10万席が用意されているが、夕方になるとすべての座席が予約で埋まるため、予約が取れなかった人は朝からテントに直行する。テントはビール会社によって分かれており、有名な銘柄のビールがあるテントは、すぐに満席になる。テントの中はレストランのようになっており、「マス」と呼ばれる1リットルのジョッキに入ったビールだけでなく、ホワイトソーセージなどのバイエルン料理や軽食も楽しめる。また、各テント内で行われる楽器の演奏や音楽ライブでは、観客が立ち上がって一緒に歌うため、テントがライブハウスのように盛り上がる。

 この会場では、人種や言語、貧富の壁はなく、人々は一体となって、ただ祭りを楽しむ。国籍や宗教を問わず、多くの人が笑顔で楽しむ姿が見受けられることに、心が暖かくなった。

オクトーバーフェスト開催中、来場者が行き来する入場ゲート =10月、ドイツ・ミュンヘン
世界各国から訪れる大勢の観客で賑わうオクトーバーフェスト =10月、ドイツ・ミュンヘン

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-26

    鳥内前監督がトークショー 軽快なトークで会場沸かす

     関西学院大体育会アメリカンフットボール部の監督を今季で勇退した鳥内秀晃前監督(61)の著書「ど…
  2. 2020-1-3

    社会人王者に歯が立たず アメフト部ライスボウル

     アメリカンフットボール日本選手権「ライスボウル」は3日、東京ドームであり、学生代表の関学大は14…
  3. 2020-10-25

    オンライン新月祭、前半終了 集客に課題残る 第2弾は新たな取り組みも

     新型コロナウイルスの影響で初のオンライン開催となった関西学院大学の学園祭「新月祭」の第1弾が24日…

アーカイブ

ページ上部へ戻る