法学部学生自治会 臨時学生大会開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 先月27日、法学部学生自治会(会長・山本海都)が臨時学生大会を開いた。主な議事は同自治会規約の一部改正案と、2018年度決算の使途不明金の説明だった。

 改正案には、同自治会が法学部事務室に金銭の出納、保管を委託できるようにすることが盛り込まれた。他の変更点も、使途不明金の発覚を受けた金銭管理に関するものであった。

 使途不明金に関しては、18年度の幹部らに聴取したものの、原因の究明には至らなかったとした。17年度繰越金の計上ミス、自治会費とその他の収入の混同などが原因として考えられると説明し、横領の可能性には触れなかった。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-6-1

    (留学レポート)日本と違うドイツのお店事情

     今年度、新聞総部の記者がドイツに留学しています。今回からシリーズで記者が感じた生のドイツ情報をお…
  2. 2019-11-15

    10年連続 金賞目指す 全日本合唱コンクール-グリークラブ

     関西学院グリークラブは、11月23日にロームシアター京都で行われる、全日本合唱コンクール全国大会…
  3. 2019-12-13

    (マスターピース)映画「愛がなんだ」 名前のない関係性を切り取った名作

     この世界は「夫婦」や「恋人」といった枠からこぼれ落ちた、他人から認められない関係性であふれている…

アーカイブ

活動ブログ

登録されているお知らせはございません。

お知らせ

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る