宗教総部献血実行委 献血実施1000回記念式典開催

 本学宗教総部献血実行委(大川純委員長=社・3=)が企画・実施している献血活動が1965年の開始以来、通算1000回となった。開始記念日の17日、西宮上ケ原キャンパス中央芝生前で献血実施1000回記念式典が行われ、兵庫県赤十字血液センターから同委員会に感謝状が贈呈された。

 式典の冒頭、本学の冨田宏治(こうじ)副学長=法学部教授=が挨拶し、「マスタリー・フォア・サービスの在り方を体現した素晴らしい活動だ。今後も活動を絶やさないで欲しい」と長年の労をねぎらった。

 感謝状贈呈に引き続き、県赤十字血液センター所長の平井みどり氏は「若者の献血離れは深刻だ。これからも関学生の若い力にお願いしたい」と、これからの献血実行委の活動に期待を寄せた。

 献血実行委の大川委員長は、自身が持病の手術で約30人分の輸血を受けた経験に触れ、「献血に感謝の気持ちを持っており、活動に携わるようになった。直接、献血することが出来ない人も、周りの人に声をかけをすることで、協力して欲しい」と呼びかけた。

 宗教総部献血実行委が本学で実施する献血活動は、学内献血の協力者数日本一だ。同委員会の大川委員長は「自分たちでチラシを作るなど、様々な工夫をすることで過剰な景品を用意していないが、誇れる実績を残すことが出来ている。今後も創意工夫をしながら活動をしていきたい」と抱負を語った。

式典に駆けつけた献血推進キャラクター「けんけつちゃん」と参列者
挨拶に立つ大川純委員長
T.M

T.M渉外部長

投稿者プロフィール

 千葉県千葉市出身、法学部法律学科2年生。新聞総部では積極的に営業活動を行い、広告収入を増やすなど大きく貢献している。取材活動にも熱心で、小池都知事への取材も行った。また、学生連盟本部でも中心的に活動しており、多忙な日々を送っている。好きなYouTuberは「ヴァンゆん」だが、恥ずかしさから周りに隠しているため、チャンネル登録はまだしていない。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-12-14

    カレーの市民アルバ

     1996年から阪急甲東園駅前に店を構えている「カレーの市民アルバ」。…
  2. 2019-7-19

    どちらの本がより古い? 図書館で「関学生貴重書チェック」

     本学図書館には数多くの貴重な図書や資料が保管されている。普段は学生の目に触れない場所で管理されて…
  3. 2019-2-15

    (扉の一言)A creaking gate hangs longest

     このことわざと出会った時、真っ先に思い浮かんだのは関西学院中学部OBで、一昨年105歳で亡くなった…

アーカイブ

ページ上部へ戻る