約2年ぶりの開催、新体制で初めての写真展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 「写真を通じて伝えたいものを伝えていきたい」。関西学院大学写真部は5月23日から27日まで、部としては約2年ぶり、新体制となってからは初めての写真展を開催した。

 今回の写真展について、後藤真綾部長(法学部3年)は「基本的なことは教わったが、細かい部分を知らないまま準備に臨んだ」と話した。

 新型コロナウイルスの影響で、2020年以降、対面での活動はなかった。主な活動はビデオ会議システム「ズーム」での会議や各人が撮影した写真の批評、新入生向けの講座のみで、顔を知らない人との活動が続いた。特に部員同士の連絡や報告には苦心したといい、部員が要件を理解しやすいよう要点をまとめてラインで伝達するなどの工夫で乗り越えた。

 現在は対面での活動も増え、徐々に活気を取り戻している。後藤部長は「写真部の一員として、自分の気持ちを発信していきたい」と今後の活動への意欲を示した。(岡﨑亮太)

写真展に訪れた学生=2022年5月23日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西村遼撮影

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る