プロ野球ドラフト会議 黒原は広島1位指名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 プロ野球ドラフト会議が11日、東京都内であり、関西学院大学からは、今春リーグ戦MVPの黒原拓未投手(4年、智弁和歌山)が広島東洋カープの1位指名を受けた。黒原投手は「(広島カープは)地元の方から愛されている球団」とし「毎シーズン、こつこつと勝ち星を重ねてチームの柱と言われるような投手になりたい」と語った。

 黒原投手は自身のアピールポイントを「強気で投げ込む投球スタイルと力のあるストレート」と答えた。また「プロになることがゴールではない。これからスキルを上げられるよう(自分に)厳しくしたい」と語り「キャンプまでに一つでも課題を消化し、1軍の舞台に近づけるように練習に励みたい」と意気込んだ。

 同大学硬式野球部の本荘雅章監督(50)は「ストレートで空振りが取れることが(黒原の)一つの特長。プロは非常にレベルが高いので、球種やバッターとの駆け引きなども更に磨いてほしい」とコメントした。

 黒原投手は両親に対して「これまでわがままを通してきたが、不自由なく伸び伸びと練習できたことにありがとうと伝えたい」と思いを口にした。

 広島のユニホームについて「高校の時も赤で、マークも似ているので、結構イメージしやすいかな」と答えた。広島県のイメージを「広島焼き」と話し、会場の笑いを誘った。まだ食べたことはないという。

 質疑応答を終え記念撮影に移ると、会見時の緊張した表情は緩み、マスクを外して笑顔で記念撮影に応じた。(秋田倖宜、柴崎辰徳)

指名を心待ちにする黒原投手=関西学院大学体育会学生本部編集部提供
指名された広島の帽子をかぶり、ガッツポーズをする黒原投手=関西学院大学体育会学生本部編集部提供

◆関西学院大学新聞ウェブサイトで11日20時ごろから約30分間掲載したプロ野球ドラフト会議に関する記事は、編集作業中の原稿を誤って公開したものでした。おわびいたします。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る