兵庫県がまん延防止の適用求める方針 関学大の活動制限レベルは変更しない見通し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 兵庫県の斎藤元彦知事は20日午後、新型コロナウイルス感染症の急拡大を受け、政府へまん延防止等重点措置の適用を求める方針であると明らかにした。関西学院大学の新型コロナウイルス対策本部の事務局である学長室は、関西学院大学新聞の取材に応じ「措置が適用されても、今の状態であれば活動制限レベルに変更はない」と答えた。

 現在の関学大の活動制限レベルはレベル2である。兵庫県または大阪府で、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会による感染状況が5段階のうち「ステージ3」以上となると、関学大の活動制限レベルも上昇する。学長室の担当者は「兵庫と大阪は一般病床率が50パーセント以上となるとステージ3となる。現在は30パーセントほどだが、急なひっ迫が起きる可能性もある」と考えを示した。

 関学大の活動制限レベルがレベル3になる場合について、担当者は「混乱が起きないよう、以前のように移行措置をとる」と話し、学生に対して大学ホームページの新型コロナウイルス感染症に関する特設ページから情報を発信すると話した。(西村遼)

西村遼

投稿者プロフィール

兵庫県川西市在住。取材や執筆の上達だけでなく、見出しに負けない情報量を持つ写真を撮ることを目指している。 散策が好きで、家から京都までが活動範囲。悩み事は、カメラを持ち歩く体力がないこと。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る