大学入学共通テスト 西宮上ケ原キャンパスも会場に 初日最大1750人が受験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 大学入学共通テストが15日から始まり、関西学院大学でも西宮上ケ原キャンパスが会場となった。1日目の受験者数は最大で1750人。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が広がる中、試験会場では感染対策への対応に追われた。

 関学大では、同キャンパスでB号館を中心に計13教室が会場となった。受験者数は最大で1日目が1750人、2日目が1192人で欠席者数は不明。そのうち、1日目は、無症状の濃厚接触者は1人で、別教室で試験を実施した。

 試験初日の西宮上ケ原キャンパスでは、午前8時ごろから受験生が続々と会場に訪れた。2教科目の開始となる午前10時前には、受験者控え室の中央講堂からB号館まで、受験生が約250メートルの列を作った。

 広報室の担当者は「感染対策は大学入試センターのガイドラインにのっとった」と説明。会場ではマスクの着用や手指消毒の実施を義務付けた。14日には試験の準備で、職員が消毒剤を設置し、救護室を用意する姿が見られた。

 同キャンパスで受験した男子学生は「予想問題と違う所もあって苦戦した。2日目はリフレッシュして臨みたい」と話した。兵庫県三田市の高校に通う男子高校生は「国語が難しかった。理系なので明日頑張りたい」と気持ちを切り替えていた。(柴崎辰徳、西村遼、秋田倖宜、林昂汰)

試験開始前の教室=2022年1月15日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西村遼撮影
午前8時から集まる受験生=2022年1月15日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西村遼撮影
B号館前で手指の消毒をする職員=2022年1月15日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西村遼撮影
2教科目からの受験では長蛇の列ができた=2022年1月15日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西村遼撮影

柴崎辰徳総部長付広報

投稿者プロフィール

兵庫県加東市出身、文学部総合心理科学科心理科学専修2回生。最近の関心はモラルライセンシング効果(moral self-licensing)。新聞総部では、アメフトやグリークラブなど主に部活動の活動様子を中心に取材。また、広報担当としてポスターの作成やSNSの運用等も携わっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る