一足早い春の訪れ、梅が見頃に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス経済学部校舎近くにある梅の花が、現在見頃を迎えている。紅色の花は来る春を思わせ、鮮やかに咲き誇っている。

 同キャンパス内にあるバラ園や庭園と異なり、知る人の少ない梅の木。梅を眺めていた関学大女性職員の2人は、学内の桜やバラが見頃になると見に行くようにしているという。「花が咲いているのを見て初めて、梅が植えられていたのだと知った」と話した。(西本明日華)

梅の花=2022年2月28日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西本明日華撮影
梅と時計台=2022年2月28日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、西本明日華撮影

西本 明日華

投稿者プロフィール

大阪府泉南市在住、社会学部2回生。将来、マスメディア関係の仕事に就きたいと考え、取材や言葉の勉強をするべく入部。趣味は歌うこと。合唱や楽器演奏といった自身の経験を活かして音楽関係の取材をしたいと考えている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-21

    関学グリー、全日本合唱コンクールで11大会連続金賞

    岡山シンフォニーホール(岡山市北区)で20日に始まった第74回全日本合唱コンクール全国大会の大学職場…
  2. 2021-11-15

    関学大アメフト 立命大と接戦の末、58回目の関西リーグ優勝

    関西学生アメリカンフットボール1部リーグは14日、ヤンマースタジアム長居(大阪市東住吉区)で優勝決定…
  3. 2021-10-24

    関学グリー・エゴラド共に金賞 グリーは12回連続、エゴラドは6年ぶり

     関西合唱コンクールの大学職場一般部門が10日、兵庫県伊丹市の東リいたみホールであり、大学ユースの部…
ページ上部へ戻る