女子ラクロス部を全国2位に導いた主役 長村和佳奈さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「みんなゼロから始めるため、無限大の可能性がある」そう語ったのは、関学大女子ラクロス部の長村和佳奈さん(教育学部4年)だ。長村さんは関学大女子ラクロス部を全国2位に導いた22年度の主将である。

 関学大の女子ラクロス部は経験者が非常に少ない。実際、長村さんを含め、部員の大半は大学からラクロスを始めた。

 長村さんがラクロスを始めたのは大学1年生の時。きっかけは彼女の姉だった。長村さんの姉は18年に関学大女子ラクロス部が日本一に輝いた時の主将だった。高校生だった長村さんは、その試合を観戦し、勝利の瞬間を目にした。「人に感動を与えられるものが目の前にあることに驚いた。自分も感動を与える側になりたいと思い、大学でラクロスを始めた」と話した。

 22年、女子ラクロス部はスローガンとして「REBORN」を掲げた。生まれ変わるという意味を持つ単語だ。18年以降、関西2位でとどまっていた関学大女子ラクロス部。このスローガンには再び日本一を目指す彼女たちの覚悟が含まれていた。

 日本一という目標のために、長村さんは組織改革を行った。まず、部員全員に細かく役割を与えた。1人でも抜けたら活動が滞るため、最初はうまくいかないことも多かったという。
 他にも、初心者である1、2年生に練習時間をたくさん与えた。「前は雑務などで、下級生の練習時間が削られていた。それを4年生が担当することで、1、2年生の練習時間が増え、チームの競技力が上がった」と長村さんは述べた。

 長村さんは決勝の試合について「試合が終わった後、みんなで負けた理由を考えたが、何も出てこなかった。改善点はあると思うが、みんなが頑張った上で成し遂げた結果である」と話した。

 長村さんはラクロス部で過ごした日々の中で、人のために頑張ることの大切さを実感したと語った。「歴代の先輩たちからの教えが、部活動を行う上ですごく助けになった。恩返ししたいという気持ちが原動力になった」と答えた。

 最後に「日本一にはなれなかったが、部員全員が自分たちに誇りを持てるチームになった」と4年間の活動を満足げに振り返った。(金鼎)

長村和佳奈さん=2023年12月16日、関西学院大学西宮上ケ原キャンパス、金鼎撮影
関西大会優勝に歓喜する部員たち=同部提供

金 鼎(キムジョン)副総部長兼広報担当

投稿者プロフィール

社会学部メディア・コミュニケーション学専攻3年。人と喋るのが好き。趣味はゲーム実況を見ること。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2023-3-21

    阪神・淡路大震災と関学 「ボランティアはイマジネーション」 他者への想像 支援広がる

     震災の被害と学生支援 1995年1月17日午前5時46分に起きた阪神淡路大震災で、関西学院…
  2. 2023-3-10

    (マスターピース)『この世の喜びよ』 井戸川射子〈著〉

     2023年1月19日、東京の帝国ホテルにて記者会見が行われた。第168回芥川賞、直木賞受賞者の記…
  3. 2023-3-10

    「憧れ」から「かなえる」ものへ 社会学部3年 田中友梨奈さん

     幼少期から続けているエレクトーン、コンテスト前に捻挫してしまった際には割り箸で指を固定しながら演…
ページ上部へ戻る