2年ぶり卒業式 卒業生のみ参加、ネットで生配信 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 関西学院大学の秋学期卒業式が17日から18日にかけて、西宮上ケ原キャンパスであった。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場者を卒業生本人に限定した。同大は昨年、新型コロナの影響で秋学期卒業式を取りやめたため、2年ぶりの開催となった。今年の学部卒業生は5696人だった。

 例年、卒業式は2回に分けて開かれるが、今回は感染症対策で4回に増やされた。17日午前は文学部と経済学部の卒業生が出席した。入場できなかった学生の家族らが式を見られるように、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で式の様子を生配信した。

 式では、卒業生は校歌を歌わず、静かに演奏を聴いた。式後の中央芝生では、職員が卒業生や保護者に対し「写真撮影後はすぐにマスクを着けるように」と呼び掛ける場面もあった。

 舟木讓院長は「皆さんの前に広がる無限の可能性に満ちた大海原へ、自信を持ってこぎ出してほしい」と激励した。村田治学長は「社会の変動に対応するために自己を鍛え、その成果を世界人類のために役立ててほしい」と話した。

 この春、空調メーカーに就職する経済学部4年の男子学生は「雲一つない、とても良い天気の下で卒業式が無事にできて良かった」とし「コロナ禍で思うように動けないことも多かったが、だからこそできたこともあった」と学生生活を振り返った。

 文学部4年の娘を持つ父親は「晴れ姿を撮りに、娘の入学式ぶりに大学に来た。卒業式に参加できないのは仕方がないと思う」と話した。(柴崎辰徳)

卒業生に「無限の可能性に満ちた大海原へこぎ出してほしい」と呼び掛ける舟木讓院長=17日午前、西宮上ケ原キャンパス総合体育館、松岡樹撮影
村田治学長から、笑顔で卒業証書を受け取る経済学部の代表者(左)=17日午前、西宮上ケ原キャンパス総合体育館、松岡樹撮影
マスクを着けて賛美歌を歌う卒業生ら=17日午前、西宮上ケ原キャンパス総合体育館、松岡樹撮影
新型コロナウイルス感染対策で校歌「空の翼」の斉唱は取りやめた。卒業生は録音された演奏を聴き、歌詞が表示されたスクリーンを見つめた=17日午前、西宮上ケ原キャンパス総合体育館、松岡樹撮影
中央芝生前で記念写真を撮るために列を成す卒業生ら=17日午前、西宮上ケ原キャンパス、松岡樹撮影
中央芝生では、晴れ着に身を包んだ卒業生らが写真を撮り合う姿が見られた=17日午前、西宮上ケ原キャンパス、松岡樹撮影

柴崎辰徳総部長付広報

投稿者プロフィール

兵庫県加東市出身、文学部総合心理科学科心理科学専修2回生。最近の関心はモラルライセンシング効果(moral self-licensing)。新聞総部では、アメフトやグリークラブなど主に部活動の活動様子を中心に取材。また、広報担当としてポスターの作成やSNSの運用等も携わっている。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2020-1-23

    アメフト部新監督に大村氏 「勝つべくして勝つチームを目指す」

     関学大体育会アメリカンフットボール部は22日、同大で会見を開き、新監督に大村和輝アシスタントヘッ…
  2. 2019-12-12

    阪神・近本 学長賞を受賞

     関西学院大の同窓生として輝かしい功績を収めた人物に贈られる本学の学長賞に、プロ野球阪神の新人・近…
  3. 2019-11-28

    年内最後の献血週間 献血実行委員会が呼び掛け

     本学宗教総部献血実行委は12月2日〜6日、西宮上ケ原キャンパスの中央芝生横で冬の献血週間を行う。…
ページ上部へ戻る